1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. もてなしフィンガースイーツ
  5. 渡辺千尋の記事8
渡辺千尋
渡辺千尋
洋菓子教室「Bons Moments! 」主宰
詳細を見る

Lesson8アペリティフにぴったりの「塩味タルト」

Lesson7は、旬のフルーツたっぷりの「夏向けプチタルト」でしたが、
今回はホームパーティーのスターターにおすすめのタルト。
タルトを並べる、オシャレ感アップのスタンドも要チェック!

タルトには、ワインと相性のいい食材をトッピング

 キリッと冷えた白ワインを片手に、アペリティフは至福の時! アペリティフは、フランス語で食事の前に飲むお酒のことをさし、19世紀頃にフランスで始まったものと言われています。食事の邪魔にならないように、少量のお酒を1、2杯、おつまみと共に楽しみます。メインができる前の美味しいアペリティフの時間は、おしゃべりにも花を咲かせてくれます。

 おつまみには、「生ハムとイチジク」 「モッツァレーラチーズとプチトマト」 「スモークサーモンとアボカド」をピックにさして、ピンチョス風にお出しするのも素敵ですが、ひと手間かけて、さくさくのブリゼ生地やパイ生地にのせてお出しすると、とってもかわいい! パイ生地は、冷たいバターを折り込んで…と、なかなか手間のかかる作業ですが、今回は、もう少しさっぱりとしたサクッホロッとした歯ごたえの、簡単なブリゼ生地をご紹介。タルトに具材をのせるだけで、華やかおつまみの完成です!

写真は、ひと目ぼれして購入した、フランス老舗銀器メーカー「エルキューイ」のプチ・フールスタンド。気品あるドーム型のスタンドに、小皿が宙に浮くように配された斬新なデザイン。焼き上がったブリゼ生地に、「スモークサーモン」や「生ハム」「ベシャメルソース」をのせてアペリティフに。
check!
マカロンや、パウンドケーキをキューブ状にカットしてのせてもかわいく、重宝しています。

■ブリゼ生地(5cmの丸型で10個分くらい)
【材料】
小麦粉                       105g
無塩バター(冷やして1㎝角切りにする)     70g
グラニュー糖                      2g
塩                            1g
冷水                          25g

① ふるった小麦粉、グラニュー糖、塩と、無塩バターをフードプロセッサーにかけてサラサラの状態にする
② 冷水を加えて、こねないようにまとめる
③ ラップに平らにして包み、冷蔵庫で1時間(できれば一晩)くらい寝かせる
④ 基本の生地が出来上がったら、0.5mmくらいにのばし、好みの抜型で抜いたり、タルト型に敷き込む。冷蔵庫で1時間くらい休ませてから焼くと、焼き縮みをしにくくなります。 
⑤ 180度に予熱したオーブンで底がきつね色になるまで焼く

★Lesson9は、
「心ときめく『プチパフェ』」。
簡単だけど、見栄えのするグラススイーツを、
かわいく、おしゃれにみせるポイントを伝授。

渡辺千尋の新着ニュース

もてなしフィンガースイーツの記事一覧

他のエディターの新着記事

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ