1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 人と会うのが楽しくなるコミュニケーション術
  5. 牛窪万里子の記事7
牛窪万里子
牛窪万里子
株式会社メリディアンプロモーション代表
詳細を見る

Lesson7電話の話し方と引き際の“決め台詞”

友人とのおしゃべりや、義理の母への連絡、子どもの学校の連絡網など…
電話は大変便利なものである一方、相手の顔が見えないために
コミュニケーションが難しいこともあります。
今回は、電話ならではの話し方のコツを紹介します。

顔が見えないで会話する時のポイント

 電話でのコミュニケーションは、「声の印象」が決め手!表情が見えないため、相手は声の調子や話し方で、状況や気持ちを判断することになります。放送業界では「ラジオ」が電話と同じように、音声だけで伝えるメディアで、アナウンサーにとっても「表現力」が問われる分野です。特に初めての相手に好印象をもってもらうためにまず大切なのは「声のトーン」。低い声は落ち着きがあり、信頼がもてますが、暗い印象にもなりがちです。ですから、Lesson2でもご紹介した「笑顔」の声=「笑声」(えごえ)で話すようにしましょう。「笑声」は声のトーンも上がり、明るい印象になります。

 次に「タイミング」も大切です。相手が話し終わらないうちに話を遮ってしまったり、言葉が重なってしまったりという経験もあるかと思います。「間」を感じ取り、「間」のタイミングで言葉を返すようにするのがコツです。そのためにもテンポを相手に合わせると、コミュニケーションがスムーズになります。音声だけのコミュニケーションでは、早口だと聞き取りにくくなりますので、特に早口の方は、いつもより「ゆっくり話す」ことを意識した方がよいでしょう。初めての相手との電話はドキドキしますが、声の印象をUPして「この人に会ってみたい!」と思ってもらえるようにしましょう!

「そろそろ電話を切りたいな…」という時のベストアンサー

 みなさんにとって、電話の会話の最適な時間はどのくらいでしょうか。うっかり長電話になってしまって、「そろそろ電話を切りたいな…」と思ったことはないですか?そんな時に、切り出す言葉やタイミングをご紹介します。

 電話での会話は、相手の状況に合わせる必要があります。そのため「今、お電話大丈夫ですか?」と、まず相手の状況を確認すること。そして、要件だけ伝えて、あとはメールで送るという手段が時間を無駄にしないで済む方法だと思います。要件のみの場合では、長くても5分ぐらい、相談がある場合などは電話ではなく、直接会ってお話するのが一番良いと思います。ただ、遠距離でなかなか会えない相手との久しぶりの電話ですと、1時間ぐらい話し込んでしまうということもあるでしょう。お互いが電話で共有する時間について、煩わしさを感じなければそれも結構だと思います。

 では、相手が一方的で、こちらに時間がなく、そろそろ切りたいと思うときはどう切り出せば良いかですが、この場合も相手の「間」を利用して、「間」が出来たタイミングで、「ごめんなさい、そろそろ出掛けなくてはならなくて。またお会いしましょう。」という言葉などで切り返すと良いと思います。相手に気持ち良く電話を切ってもらうためには、事情を話した上で、「またお会いしましょう」と伝え、余韻を残す伝え方が感じ良いと思います。

牛窪万里子の新着ニュース

人と会うのが楽しくなるコミュニケーション術の記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ