1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 人と会うのが楽しくなるコミュニケーション術
  5. 牛窪万里子の記事5
牛窪万里子
牛窪万里子
株式会社メリディアンプロモーション代表
詳細を見る

Lesson5「まさか私が壇上に?!」いざと言う時のプレゼンテーション術

好き嫌いを別として、人前で話をする機会ってありますよね?
キャリアウーマンがするような仕事のプレゼンテーションではなくても
子どものPTA会での話や、友人達に何か教えるということもそうです。
いくつかのコツさえ掴めば人前で話すことが得意になり、自分磨きにも!

“伝わる”言葉の並べ方、「結論」から話すが吉

 プレゼンテーションが上手な人は、「聞き手を惹きつける話し方」をしている人です。話し手は、つい自分が伝えたい内容を話すことに精一杯になってしまう傾向があります。聞き手がちゃんと理解しているか、同意してくれているかという反応を無視してしまうことになります。

 まずはオープニングトークが大事。最初で聞き手が「この人の話なら聞いてみよう」と思えるか、で決まります。まず、明確にしておきたいのは「結論」です。結論がなかなか見えないと、聞き手もじれったくなり、結局何の話なのか、どこがポイントなのかが分からないまま不安な気持ちになります。そこで、結論から話してみましょう。「今日は~についてお話します。実は~ということが分かりました。」と話し始め、そこから具体的な内容の展開に広げていくと、聞き手も惹きつけられます。

 さらに、特に強調したいキーワードには「倒置」を使って、例えば「ご存知でしたか?~という事実を」と先に言うのも、インパクトをつける方法の1つです。さらにポイントがいくつかある時は「これから3つポイントをお話します。1つ目は・・・」と数を示すと分かりやすいでしょう。話しの展開を予告をすることで、聞き手も心構えができ、理解しやすくなります。

プレゼンテーションならではの話し方と“笑声”

 聞き手は「話しの内容」よりも「話し方」で惹きつけられます。せっかく良い話しをしても、話し方が悪いと内容が耳に入らないという残念な結果になってしまうのです。プレゼンテーションは単に説明ではなく、聞き手にもメリットを感じてもらえるように成果を出すことが肝心。伝えたいセールスポイントをいかに理解してもらえるようにするかは「話し方」で工夫しましょう。

 ポイントは、①声の高さ、②テンポ、③抑揚です。

 「声の高さ」は人それぞれ個性がありますが、必要なのは「明るさ」です。「笑声」(えごえ)という「笑顔の声」が一番明るい声になります。「笑顔」を作る時のように口角を上げて話すように意識してみましょう。そして「速度」は、大切な箇所はゆっくりと強調するように、その他はテンポよく話すようにするとメリハリが出ます。さらに「抑揚」を付けることも大切です。原稿や資料を一本調子で読まないようにしましょう。自然なイントネーションで、強調したい言葉には抑揚でリズムをつけるように話すと聞き手に意図が伝わりやすくなります。

 慣れないうちは、プレゼンテーションの前に、声に出してリハーサルしてみることをお勧めします。さらに録音し、客観的に聞くことで、伝わるような話し方をしているかをチェックしてみましょう。いくつかのコツさえ掴んで実践を踏めば、特に女性は自分のアピールの仕方も身に付き、目がキラキラして、いきいきしてくる傾向があるようです。

牛窪万里子の新着ニュース

人と会うのが楽しくなるコミュニケーション術の記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ