1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 人と会うのが楽しくなるコミュニケーション術
  5. 牛窪万里子の記事3
牛窪万里子
牛窪万里子
株式会社メリディアンプロモーション代表
詳細を見る

Lesson3久しぶりの社会復帰、基本の「き」

私たち世代には、子育てに専念した後に社会復帰をする人や、
転職で職場環境が変化する人もいると思います。
誰でも新しい環境は緊張するものですが、それをプラスに変える
大事な「はじめの一歩」の踏み出し方を伝授します!

子育ても落ち着いて、いざ社会復帰!

 社会から一旦離れてしまうと、復帰するのも不安で自信がない…という声もよく聞きます。確かに勤めていた頃と今とでは、システムなどの違いもあり、戸惑うこともあるかも知れません。今ではコミュニケーションにおいても、隣の席の人ともメールでやり取りをするという、何とも不思議な状況にまでになっているようですね。でも、本来は人間対人間の会話による直接的なやり取りが必要だと思います。誰かが、話し掛けてくるのを待っているという受け身の態勢ではなく、まずは新しい職場でも、自分から周囲に声を掛けるようにしてみることが第一歩。アクションを起こさなくては何も始まりませんし、自分からペースを作ってしまう方が楽になれます。新しく入って来た人に対しては皆「どんな人なんだろう」と興味深々です。でも初めての相手に緊張感をもつのはお互い様。その壁を自分から取り払うことです。そして少し慣れてきたら、ランチに誘ってみましょう。食事をしながら、プライベートの話しをすることで、よりお互いの距離が近づけます。

苦手な上司との会話はこう乗り切る!

 職場には色々なタイプの人がいるため、どう付き合っていけば良いのか…と悩まされることもあると思います。特に上司が苦手なタイプだと毎日がストレスになりますよね。例えば①「部下を叱るだけで決して褒めない」、②「女性を軽く見ている」、③「無口で人と話そうとしない」④「優柔不断で結論が見えない」⑤「忙しそうで、なかなか話し掛けられない」と様々なタイプがあると思います。

 こんな上司に対して円滑にコミュニケーションを取るためにはまず、「相手の自尊心を傷つけないこと」。イライラして言い返したくなる事もあると思いますが、そこはぐっと堪えて相手を立てて話すこと。

 人の欲求の中で一番強い欲求は、「自己重要感」だと言います。自分が誰かの役に立っているという実感…これが無くては、人は生きていけない程だそうです。実は例に挙げた①~③のパターンはこの「自己重要感」が満たされていない方達なのです。ですから、こういう方には、朝の「おはようございます」から始まり、「ありがとうございます」「助かりました」などの挨拶や感謝の言葉を伝えるだけでも違ってくると思います。「自分の存在を認めてもらっている」「頼られている」という実感を与えることで、「話しを聞いてみよう」という気持ちになってもらえると思います。④⑤のタイプはタイミングが大事。さらに「~の件はこう考えますが、いかがでしょうか?」と提案型の質問をすると良いでしょう。「~だと思いますが」ではなく、「いかがでしょうか?」と相手を立てる表現が大切です。

牛窪万里子の新着ニュース

人と会うのが楽しくなるコミュニケーション術の記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ