1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 情熱のスペイン 美食通信
  5. 西村弥子の記事3
西村弥子
西村弥子
ソムリエール&ライフスタイルコンシェルジュ
詳細を見る

Lesson3国内外で大注目!ますます躍進するスペインワインたち

「ブドウ栽培面積世界一」を誇るスペイン。
多様な気候風土によって、各地で個性豊かなワインが造られています。
今回は、飲む前に知っていると楽しい、スペインワインの“豆知識”を
語ってもらいました。

「伝統」をベースに、醸造家の「情熱」と揺るぎない「信念」の賜物

 私がワインに興味を持った10数年前、スペインワインは今ほどの知名度はありませんでした。ワインスクールや、ワイン会の席で「どこのワインが好きですか?」という質問に対し「スペインです!」と答えると、「へえ、変わってますね」ちょっと訝しげな顔で、よくそう返されたのを覚えています。百貨店やワインショップの売場でも、同じ欧州のフランス、イタリアに比べ、陳列されるアイテムはグンと少なくて。スペイン愛好者には寂しい限り…。

 それが、この10年弱の間に状況はガラリと変わりました。例えば、街のスーパーマーケットへ行くと、必ずといって良いほどコストパフォーマンスの高いスペイン産のワインが並んでいます。世界的ワイン評論家が高得点をマークする上質なワインが、お酒のディスカウントショップで目玉商品になっていたり。インターネットでは、少量生産で、こだわりの造り手のものが多く流通しています。また、スペイン料理店だけでなく、ワインバーなどでも、高級カバや珍しい産地の赤ワインがオンリストしているのを目にするようになりました。実際に、2004年から2011年まで、日本におけるスペインワインの輸入量は年々増加の一途を辿っています。一度は口にしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 そのように、多くの消費者に嗜まれるようになったスペインワイン。では、一体その魅力はどこにあるのでしょうか。

 「天に恵まれた大地の味わい」スペインワインを飲むと、そう表現したくなります。何故なら、日照量が多く、降雨量は日本の約3割程度。また、ヨーロッパの南西端に位置するイベリア半島は、フランスとの国境に標高3,000m級のピレネー山脈が連なり、他は全て大西洋と地中海に囲まれています。よって、夏は涼しく冬は穏やかな海洋性気候、温暖湿潤な冬と乾燥した夏をもたらす地中海性気候。内陸は、寒暖の差が激しい大陸性気候と、気候風土も多様です。さらに、河川にも恵まれた水はけの良い土壌が、ブドウ栽培に適しています。

最近では、有名百貨店でも新旧様々なスペインワインが並ぶようになりました。(手前)スペインで最初に国際品種カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培したトーレス社の『グラン・コロナス』 (2番目)世界的ワイン評論家R.パーカー91Pのモダン赤『サンロマン・トロ』 (3番目)マジョルカ島の土着品種カリェット主体の新潮流赤『クアトロキロス』など。産地によって個性豊かなワインが勢揃い。
8年前、リオハ・アルタ地区の「ボデガス・ビルバイーナス」を訪問。1859年創業、広大な地下熟成庫や最新の設備を併せ持つ施設内を見学。最後のデグスタシオン(試飲)で典型的なリオハワインの味わいを実感しました。
1987年創業、スペインで4番目に認定された『ビノ デ パゴ』(単一ブドウ畑高級限定ワイン)、「デエサ・デル・カリサル」。印象に残ったのは、白ワインの造り方。半分をフレンチオークの新樽で発酵、残りはステンレスタンクで低温発酵させて合わせるのだそう。畑のまわりには、ローズマリーやタイム、セージ、オリーブの木も自生。猪や鹿も生息する自然豊かな環境でワインが造られています。

 次に、バラエティに富んだスペインの固有品種。土着のブドウも多種ありますが、例えば『テンプラニーリョ』というスペイン最高の赤ワイン用品種は、地域によって呼び名が変わります。マドリードとラ・マンチャでは『センシベル』、カスティーリャ・イ・レオンでは『ティント・フィノ(ティント・デル・パイス)』、カタルーニャでは『ウル・デ・リェブレ』と様々で、その味わいも個性豊か。世界一のブドウ栽培面積を保有するスペインは、3000年以上の歴史をもつ「天然のワイン産地」と言えるでしょう。

 それに加えて、近年の著しいスペインワイン躍進には、目を見張るものがあります。その立役者は、グローバルな視野をもつ若手醸造家たち。彼らは、スペインの固有品種を尊重し、開墾するには大変な古い畑や、素晴らしい在来種の古木が残っている畑など、昔からブドウが栽培されてきた土地を再発見。そこに設備の整備、向上や最新の醸造技術を積極的に導入してきました。歴史と伝統を背景に、常に革新的な取り組みをする作り手たちが奮闘し、とても品質の高いワインを次々と生み出しているのです。

次回は、その「伝統と革新」のワインたちを紹介しましょう。

(参考)
Wines from Spain Japan -スペインワインの時が来た-
http://www.jp.winesfromspain.com/

西村弥子の新着ニュース

情熱のスペイン 美食通信の記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ