1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 『なりたい自分』になるための “イメージを形にする力”
  5. 慈道美奈子の記事8
慈道美奈子
慈道美奈子
食空間プロデューサー
詳細を見る

Lesson8クリスマスPartyのトータルコーディネート術

毎年、テーマとカラーを決めてPartyするのが慈道さんのスタイル。
今年のあなたは、スノーホワイト?きらびやかに輝くゴールド?
カラーの違いで印象が変わる、オリジナリティ溢れる
素敵な演出方法を伝授します!

まずは、クリスマスカラー&テーマを決めて楽しむ

 クリスマスパーティーを企画する時のポイントのひとつとして、「カラー」、つまり色でイメージを決めていく方法があります。色彩は心理状態を表してくれますよね。ですので、クリスマス時期は、今年の自分の気分などを色で表現したり、来年に向けた思いを色を使って表現してみてはいかがですか?

 クリスマスでは、赤・緑・白・ゴールド・シルバーが王道ですが、それにこだわらずに日本人がクリスマスをイベント的に楽しむのであれば、もっと自由な発想でカラーを取り入れることもおすすめしています。色選びのポイントは、シルバーとの相性がいいか?ゴールドとの相性がいいか?という色の組み合わせも考えて、イメージしていくとスタイリッシュにまとまります。

 また、パーティーを盛り上げるには、テーマがとても大切になります。今年は何を大切に考えるか?色彩をはじめ、テーマも設定することで、集まる人の気持ちも変わってくるものです。単に飾るだけでなく、「意味をもって飾る」ことで楽しみ方が深まると思います。

クリスマスParty2010のディスプレイ。シルバー×ターコイズブルーでクールなクリスマスに。テーマは「輝」。
ドレスやヘアアクセなど、ファッションやオシャレ小物にもテーマカラーを。ゲストの目を引くこと間違いなし!

スタイルとレイアウトを工夫する

 クリスマスPartyのカラーとテーマが決まったけれど、スペースがない…。ご自宅で開催する場合、こうした悩みはよくあるものです。その際は、どんなスタイルでパーティーを行うかが重要なポイントになります。着席でコース料理などをサーブするスタイルのほか、ブッフェもよく行われるスタイルです。ブッフェには2つのスタイルがあり、スタンディングブッフェであれば、お皿を持ったまま頂くスタイルで、シッティングブッフェであれば、お料理をとった後、座って頂くスタイルです。通常、着席で4~6人が限界のダイニングスペースでも、ブッフェでかつスタンディング形式にすれば、スペースにも余裕が生まれます。

 例えば、ダイニングテーブルをなど壁面などにつけ、椅子もリビングゾーンや壁面に並べれば、リビングが広くなり開放感が出てリラックスしやすい雰囲気になります。スペースや椅子の数に余裕がないときは、スタンディングブッフェの方がおすすめです。

 また、キッチンカウンターやテレビボードなどにもちょっと布をかけるだけで、ドリンクやデザート置き場にも使えます。ダイニングテーブルの大きさに限定されることのないパーティーが楽しめます。

ドリンクをサーブするスペースを設けると、スムーズにお客様に提供できます。
食べやすく、取り分けしやすい、フィンガーフードは小皿に。

慈道美奈子の新着ニュース

『なりたい自分』になるための “イメージを形にする力”の記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ