1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 『なりたい自分』になるための “イメージを形にする力”
  5. 慈道美奈子の記事5
慈道美奈子
慈道美奈子
食空間プロデューサー
詳細を見る

Lesson5育児と仕事を両立するタイムマネジメント術

とにかく忙しい方必見!ママになってもサロン主宰は夢じゃない!?
無理せず楽しく、ちょっとの工夫で、みるみる自分の時間が増えていく。
慈道さんの一日のタイムスケジュールを大公開します。

Point.1

働くママは“朝活”上手!?スキマ時間で勝負する。

 これまでLesson1~4にわたり、「好きを形にする一歩」からスクール運営、食空間プロデューサーの仕事までをお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?文章からみると、1日中ずっと仕事をしているかのように思われますが(笑)、実際の私の生活は、子育て中心で過ごしています。今回は、実生活をもとに時間をコントロールする方法についてふれたいと思います。

 現在、私は小学校1年生と幼稚園年中の息子が2人います。保育園ではないので、基本的には「専業主婦」のライフスタイルで、自然と1日の半分以上が「家事&育児タイム」になります。私の1日の基本スケジュールはこんな感じです。

【平日のタイムスケジュール】
AM4:00~6:00 起床 ※この2~3時間が貴重なワークタイム(パソコン業務中心)
AM7:00~8:00 長男の小学校準備&朝食
AM8:00~9:00 次男の幼稚園の準備&送り
AM10:00~13:00 仕事or自由時間
 (~14:00 次男お迎え ※長男は15時頃帰宅)
 (~17:00 子供の遊びor 習い事送迎)
PM17:00~21:00 夕食&家事 ※主は21:00頃帰宅
PM21:00~23:00 就寝 ※平均6~7時間は必ず睡眠をとる

 上記を見て分かるように、子どもとの関わりがない“スキマ時間”をいかに捻出し、有効活用するかがポイントになります。私の場合は、1日のはじめに“朝活”を実行しています。朝の1時間は、夜の3時間並みに仕事がアップするといわれています。無理して夜更かしするよりも、パッと早寝して今日1日のタスク(やること)をリストアップするだけでも、1日のイメージもつかめるのでおすすめです。

 20代の頃、企業勤めで朝~夜中まで働いた経験が、30代の「人生のバランス」を考えることに繋がりました。よく「早起きは三文の徳」といいますが、夜型から朝型に切り替えるだけでも、何よりも健康な身体をつくる「よい生活習慣」がはじめられると思います。

スケジュール管理は、ほぼ手帳に書き込むアナログ派です。パッと開いて一週間がわかると便利ですね。情報を調べたり辞書がわりにもなるスマートフォンも一緒につねに持ち歩いています。
旅行先でも読書が欠かせないわが子。仕事が立て込んでしまった場合は、子どもの読書時間が“スキマ時間”となり役に立つことがあります。
Point.2

ON-OFFのスイッチで、イメージ力をアップさせる!

 私の生活は育児と家事と仕事がつねに交差しています。現在、銀座にオフィスを置いているものの、実際の業務は自宅オフィスが中心。大幅な時間短縮ができても、小さな子どもがいると、どうしても日中は一緒に行動したり、公園など外遊びもあるので相当身体も疲れがちです。しかし、「忙しいときこそ子どもと遊ぶ」精神で、週に3~4日は子どもや家族中心の日と決めて予定を入れています。仕事と休みの時間のメリハリをつけることで、重要な業務の優先順位もつけやすくなり、イメージ力はもちろん体力もつきました。

 これから、サロン主催やスクールの講師を考えているみなさんへ。「平日は働いているから・・・」「子どもがいるから・・・」と、やりたいことを我慢したりしていませんか?このようにON-OFFさえしっかりしていれば、『なりたい自分』は実現できると思いますよ。フリーランスになると、自分で運営しているからこそできる「時間のコントロール」が可能になります。ちょっとした独自の視点と覚悟をくくることで、時間を自由に使えるようになるものです。また、私自身の経験から、子育ての仕事を両立する女性を応援したいという気持ちがあり、『マリナーゼ★インテリア』より『子育てメッセ』にも協賛しました。ご興味のある方はぜひ!

 次回からは、私の本業でもあるテーブルコーディネートのレッスンをしていきます。「初めてテーブルコーディネートを楽しみたい!」という方にもおすすめの入門編です。

『子育てメッセ2011』の会場にて、『マリナーゼ★インテリア』のコンセプトをお伝えしています。子育て女性のお悩みを一緒に共有し、「自分探し」 のきっかけづくりとして、子育て中の「時間の有効活用」 から 「好きを見つけて形にするプロセス」 までをライブな感覚で伝授しました。
『子育てメッセ2011』では、子供と一緒に楽しめるテーブルコーディネート提案。子どもが喜びそうなぬいぐるみやおもちゃを使って楽しく食事することをイメージしました。

慈道美奈子の新着ニュース

『なりたい自分』になるための “イメージを形にする力”の記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ