1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. 暮らしのコンシェルジュ vol.16
美力向上委員会 読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ

ファッション、美容や健康、グルメ…etc.
ライフスタイルにまつわるセンスアップのヒミツを紹介

Vol.16
夏直前☆マル秘ダイエット法は?

運動&食事コントロールで心と身体を引き締めます。目指すはホッソリ“艶ボディ”!
粟野章子

本気ダイエットは “魅”ボティ作りのプロに聞く!身体の内側からのケアも大切に
南部早苗

“美ボディ”を作るコツは基本姿勢から。お気軽ダイエットは身近なアイテムで!
たきれいこ

Vol.16 夏直前☆マル秘ダイエット法は?

運動&食事コントロールで心と身体を引き締めます。目指すはホッソリ“艶ボディ”!

 ダイエットは、唯一、自分でいくらでもコントロールできるもの。昔はただがむしゃらに頑張っていましたが、今では「もう少し引き締めよう」「ここまでは痩せすぎ」など客観的に見れて、自分のベストコンディションを維持しています。精神的にも強くなれ、やった分だけ成果として現れるのも魅力。気持ちも身体も軽くなる上に肌もキレイになり“究極のアンチエイジング”だと思います。

私流“ダイエット3カ条”
①食事の質を少しダイエット寄りに変える
カレーなら、繊維質の豊富なブロッコリー、れんこんなどをよく使います。脂質抑え目のささみ、栄養価の高いトマトや海藻などのサラダを付け合わせに。サラダはカレーを食べる前が◎。
②運動して筋肉をつけ、太りにくい身体づくりを
「代謝の良い身体の基盤が出来るまで」と言い聞かせ、毎日10分でも汗をかいて老廃物を流します。痩せたいから食べない、ではなく上手にエネルギーを消費するために食事は抜きません。
③無理をしないで、とにかく楽しむ
せっかく痩せても、精神的に余裕が無くなっては美しくありません。1㎏減ったらアイスを食べる。サプリメントも取り入れる。運動の時は好きな音楽をかける。憧れの米倉涼子さんを思い浮かべる。など、マイルールを決めています。

close up!-注目ポイント-

有酸素運動+筋トレ+ストレッチが一気にできる優れトレーニング!

空手を取り入れたエクササイズ

どんな部位でも引き締めが肝心です! 日常生活のアイテムが大活躍!

ヤーマンのイオンローラー

代謝を助ける酵素ドリンクで、ボディラインをスラッと魅せる!?

ベジーデル酵素液
  • 空手を取り入れたエクササイズ
    父や妹も格闘技関係の仕事をしているので、自然と試合前の減量などの情報が入ってきます。空手の基本動作、突き・蹴りは、身体の中心をひねる動きなので体幹への刺激も大きく、消費カロリーも多くなるそうです。ストレッチはマスト。一ヶ月くらいでみるみる身体が変化することもあります。また、食生活では、極端に何かを減らすというのは、パフォーマンスの低下を招くとのことに繋がります。タンパク質や脂質、炭水化物、バランス良く摂るように心がけています。
  • ヤーマンのイオンローラー
    クルクルローラー『クリモ』で、顔からデコルテのリンパ流しをストレッチしながらやります。ローラーは、たるみを取るとかリフトアップもそうですが、私は主に顔まわりから首筋、デコルテへのリンパの流れを促す目的で使用します。身体のストレッチと同時に行うことで、首からあごのラインがすっきり。ダイエットして、痩せたものの、たるみが気になる方にも是非。ほかにも、下半身の引き締め対策として、ノーストレッチのパンツをはくようにしています。基準超えがすぐにわかるので、身体をキープするにはもってこいです。
  • ベジーデル酵素液
    朝の忙しいときには、生の果物や野菜で作られた酵素ジュースを飲んでいます。酵素は年齢と共に減少すると聞き、積極的に摂るようにしています。この『ベジーデル』は、飲みやすくて、飲んだ後は、血行が良くなるようで、身体が軽く感じます。むくみ解消や予防にも効果的。気軽なダイエットにもおすすめです。

一覧へ戻る

Vol.16 夏直前☆マル秘ダイエット法は?

本気ダイエットは “魅”ボティ作りのプロに聞く!身体の内側からのケアも大切に

 私にとってダイエットとは、「美」は当然ながら意識していますが、40代に入ってからのダイエットはそれ以上に「健康」にも気を使っています。また、体重の数値を気にするのも大切ですが、体型を変えるために努力することも大事だと思います。例えば、お肌の潤い方、顔色は良いか、いろんな部位の筋肉が引き締まっているか、など、見た目を重視したダイエットを心がけています。

ダイエットの成功の秘訣は!?
●具体的な目標を持つ
○月○日までに何㎏体重を落とす、ウエスト何センチ引き締める、きつめの洋服が余裕を持って着られるように…など。「いつまでに」「どのように」を明確にして、目標から逆算すれば、今の現状がどの程度クリアできているのかがわかります。
●代謝を上げること
食べないダイエットは、基礎代謝が下がります。痩せたとしても、食べ始めるとすぐにリバウンドしてしまいます。太りにくい身体作りのポイントは、基礎代謝を意識しつつ、「きちんと食べる」「運動する」「筋肉量を増やす」こと。どれも欠かさないようにしています。

 普段、目標にしている有名人は、Rikacoさんです。年齢を全く感じさせない表情やスタイル、その上ライフスタイルも本当にカッコよくて憧れます。

close up!-注目ポイント-

リラックスしながら痩身を!無理なくより効率的にがキーワード

ヨガ

太りの要素をしっかりブロック!つい食べちゃうダイエッターズに朗報です。

サプリメント

フルーツのビタミンにセサミン、ミネラル、食物繊維が豊富なきなこも+ON

フルーツジュース
  • ヨガ
    おすすめは、横浜銀座クリニックのダイエットプログラムです。医師監修のもと、看護師、管理栄養士、理学療法士の方々が栄養指導やヨガ、ピラティスなどの運動方法を提案してくださり、さらに、クリニック内の痩身機器での施術など、総合的に理想的なボディラインを作る指導をしてもらっています。
  • サプリメント
    痩身のプロが考えた(医学博士の岡村博貴先生監修)脂肪燃焼系の成分を凝縮したサプリメント「ボーデ・リターン」は、運動と一緒に摂る方が効率よく、摂取しすぎたカロリーをリセットしてくれます。また、クリニックの痩身コース前に飲むと効果大。おなかまわりがスッキリしてきました。さらに、代謝感、排出感がアップして、老廃物の排出を促し、本来もっている美しい身体へ、自然に戻っていくようにサポートしてくれます。
  • フルーツジュース
    バナナ、みかんなど、その日その時にあるフルーツに、豆乳ときな粉、すった黒ゴマをミキサーに入れてジュースにします。朝昼夜いつでも、時間のある時に作って、食事前に飲むと効果的です。私は、朝一番に飲みます。これ1杯で満腹感があるので朝食は軽くすませられます。

一覧へ戻る

Vol.16 夏直前☆マル秘ダイエット法は?

“美ボディ”を作るコツは基本姿勢から。お気軽ダイエットは身近なアイテムで!

たきれいこ

たきれいこ プロフィールを見る

 ダイエットと聞いて、まず思い浮かぶ言葉は“軽やか”。身体が軽いと、ヒールで歩いても、仕事するのも、何をするにも、気持ちまで弾み生き生きとしていられます。3人出産し、そのうちの双子懐妊中は骨盤も全開状態だったと思いますが、幸いにも、高校時代から体型をキープできています。そう考えると、私にとって、ダイエットとは生活には欠かせない存在ですね。

 理想の女性は、中村江里子さんです。江里子さんとはトークショーなどでご一緒させていただきますが、いつお会いしても、姿勢もスタイルも抜群で彫刻のように美しい!日頃から常に、正しい姿勢を心がけ、バランスの良い食事を摂ることが大事だと思っています。

下部記載の、3つの注目ポイントのほかに普段から気をつけていることは…。
・日頃から玄米食中心。(白米ではなく玄米。 玄米ミルク粥など)
・お茶請けのお菓子を選ぶ時は、おからで出来たものを選んだりします。きらず揚げは、固くてたくさん噛むので満足感の得られるお菓子です。
・お風呂上がり、自分と向き合う。裸の自分(現実)を直視する(笑)。
・手帳×ダイエットで、自己管理力を高める。例えば、「○曜はフレンチだから次の日は和食」「○曜は仕事なので前後は軽目の食事に…」など一週間を見渡して食事のコントロールをします。

close up!-注目ポイント-

ストレスなく痩せる!?キラキラ輝く耳ツボジュエルはオシャレ感覚で☆

耳つぼダイエット

座って骨盤“キュッ”。歪みを整えてしなやかな身体を作りましょう。

骨盤ケアダイエット

繊維たっぷりで腸内一掃!“下腹部ペタやせ” レシピ

キャベツたっぷりコールスローを使ったダイエット
  • 耳つぼダイエット
    スワロフスキーの耳つぼシールを、食欲を抑えるツボ「飢点」に貼って楽しんでいます。食べることが大好き。甘いものもやめられない!そして、食べたものはしっかり身体に反映する体質…。なので、ダイエットの強い味方です。
  • 骨盤ケアダイエット
    骨盤ケアのソファ「エアリーシェイプ」を愛用しています。エアリーシェイプに座りながらスキンケアをしたり。ほかにも、PC作業時は、骨盤ケアのクッションに座ったりして、美しい姿勢を意識しています。
  • キャベツたっぷりコールスローを使ったダイエット
    ■材料
    ①キャベツ(大1/2個)、にんじん(1/2本)②オリーブオイル(適量)、塩(適量)、マヨネーズ(適量)③レモン(適量)
     
    ■作り方
    ①キャベツ、にんじんをひたすら細かく刻む。
    ②塩もみをして、オリーブオイル、マヨネーズ好みの量で和える。
    ③仕上げにレモン汁をかけて、いただきます。

    ※紫キャベツやコーンなどを入れれば、見た目も鮮やかに仕上がります。

一覧へ戻る