1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 麻生圭子
  5. 猫を肩に乗せ、藤の花を探しに行こう!

猫を肩に乗せ、藤の花を探しに行こう!

2014年04月28日麻生圭子

八重の桜が終わると、春もそろそろ終わりです。そしてそれと入れ替えのように、空から降りてくるのが、藤の花。飼い猫との観桜散歩に、味をしめた飼い主は、その第2弾を、藤の花で企画することに。京都には藤の名所もたくさんあるのです。たとえば市内鳥羽の水環境保全センターの敷地内の藤の回廊。その長さは百数十メートルに及びます。あと私が毎年、楽しみにしているのが、勧修寺や、醍醐寺の藤の花。でもペットは連れて入れません。なのでそれらは私はひとりで。猫との藤の花見は、近くの松原通を歩いてみました。

市民に親しまれている「鳥羽の藤」

天井から滴り落ちてくる藤の花

京都で藤といえば、宇治の平等院が有名です。花はどこに咲くかで、印象がずいぶん違ってきます。写真で見ても、よその藤とは一線を画したような、平安貴族を思わせるような佇まい。京都を離れる前に、一度は見ておきたかったんですが、今年は剪定の影響で、花房をまったくつけなかったらしい。

ならば、鳥羽(京都市南区)の水環境保全センターに行こうと思い立ちました。水環境保全センター、平たくいえば、浄水場です。ふだんは関係者以外、入れないのですが、藤の開花に合わせて、年に一度、一般公開されるのです。市民には、鳥羽の藤として、親しまれているそうですが、私は今年、はじめての見学でした。

藤棚をいくつも連ねて、百数十メートルの回廊にしてあり、藤色のシャワーを浴びながら、歩くことができます。いちばん奥には楓に囲まれた、藤棚のデッキとベンチまであるんですよ。藤の花って、匂いもいいのですね。平成時代の市民のほうが、平安のお姫さまより、贅沢かも。ちょうど文庫本がかばんに入っていたので、ベンチに座って、小1時間、過ごしてしまいました。


飼い猫ロッタを肩に乗せて

夫が顔出し拒否のため、抱っこ状態ですが。

昔、東京の表参道で、肩に猫を乗せて、ふつうに歩いている男の人を見たことがあり、ずいぶんうらやましく思ったものでした。わが家にいる2姫のうち、先住のロッタの場合は、その素質があるように思います。肩(や背中)に乗るのが好きなんです。

台所に立ってる私に、突然(ええ、突然です)、背後からジャンプして乗ってくるのは、日常茶飯事。肩越しに、私の手もとやお鍋の中を観察(いや、監視かな)しながら、「みゃ、みゃ」と、鳴くんです。指示を出してるつもりらしい(笑)。

私が歩いても、落ちないよう、爪を出して、抱きついたまま。爪が痛いから、しかたなく、片手でロッタの足のあたりをよいしょと支えて。ええ、まるで赤ちゃんをおんぶしている感じなんですよ。

そんなロッタなので、素質はあるはずなんですが、猫にありがちな内弁慶でして、外ではちょーびびりに転じるので、なかなか「表参道猫」にはなれないでいました。

でも、花見で気をよくした私は、次を画策。ロッタに藤の花を見せてあげたいと(迷惑かもしれないけど)。やっぱりロンドンに行く前には、見聞を広げておかないとね。

ということで、夫の肩に乗せて、てくてく、藤の花見散歩をしてきました。

肩乗り猫、まやの場合

宮川町で、きょろきょろする猫。

シンガプーラのまや(♀1才)も、散歩に連れていきました。近くの公園の藤棚の下にも行って、「まや、これが平安貴族も愛した藤の花ですよ」と、ちゃんと教えておきました。

京都五花街のひとつ、宮川町を歩いたときには、花街のおかあさんらしき人から、「かわいい」と、褒めちぎってもらいました。ロッタなら、お礼の「ひとすり」もできたんでしょうが、まやはまったくもって落ち着きがなく、残念でした。

お茶屋のおかあさんとか、この界隈の人たちは、猫好きが多いような気がします。あ、私が勝手に思っているだけかもしれませんけどね。

麻生圭子

Aso Keiko

このライターのコラムをもっと見る >>

1957年大分県日田市生まれ東京育ち。83年、作詞家としてデビュー。吉川晃司、徳永英明、小泉今日子などのヒット曲がある。進行性の難聴のため、91年に作詞家を休業、エッセイストに。96年から京都在。99年より、夫と猫と町家暮らし。代表作に「東京育ちの京都案内」「京都で町家に出会った。」(文春文庫)、「京都がくれた小さな生活。」(集英社be文庫)など。最新刊は「京都早起き案内」(PHP新書)。近々、ロンドンに移住予定。

関連リンク: 麻生圭子の京都のしずく


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ