1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 麻生圭子
  5. 猫だけど、家族だから、花見もいっしょです。

猫だけど、家族だから、花見もいっしょです。

2014年03月31日麻生圭子

京都、今年も、桜咲く。
春がやってきました。

今年の開花宣言は、去年より5日も、遅かったようです。そんなこともあってか、先週の土曜日は、大路小路、どこもかしこも大渋滞。鴨川にもたくさんの人たちが繰り出していました。

もちろんわが家も行きましたよ。シンガプーラのまや(女子猫1才)を連れて。おとなしくしているだろうか、パニックにならないだろうか、飼い主も猫も、どきどき、わくわくの花見デビューとなりました。

春は川下からやってくる。

川面のきらめきと、しだれ桜のカーテン

鴨川は北から南へと流れています。
なので京都の春は、川下からやってくる。

鴨川ベリの桜は、一週間かけて、ゆっくり北上していきます。

今年もうちの界隈(四条と五条の間です)の桜がまだ蕾の頃、もしや、とその川べりを南に下がっていったなら、五条大橋を境に、突然、季節が変わった。桜、咲く、鴨川、笑う。春爛漫。夫に思わず、写メしてしまいました。

どんな花もきれいだけれど、でも、やっぱり日本人にとって、桜は特別な花ですよね。唐突だけど、桜ってね、炊きたての白いごはんに似ているような気がするんです。やわらかくて、ほのかに甘く、クセがない。だからどんな景色にも、どんな心にも合わせられる。協調の花なんですね。

新年度のこの時期、花見が好まれるのも、むべなるかなと。親睦を図る、道具になってくれる。

だったら飼い猫ともしたいぞ。
猫だって、家族だもの、いっしょに花見をしたい。親睦を図りたい。


私が猫と花見をする理由。

興味津々、花見の様子を眺める猫。

ま、飼い猫にとっては、花見なんて、ありがた迷惑でしょう。猫が嫌なことをして、虐待だ〜というお叱りの声もあるでしょう。でも、真面目な話、今のうちから、こういう移動に免疫をつけておかないとね。半年のうちには、ヨーロッパまで移動しなきゃならないんですから。

完全室内飼と違って、うちの子たちは、敷地内の庭には出しています。ただわが家、通りに面してないので、往来の車や人との接触はまったくないんです。陸の孤島みたいな感じなんですよ。

お出かけてに際しては、カンがついた首輪に着替え、リードをつけました。先住猫のロッタはそれほど心配はないんですが、シンガプーラのまやは、若いということもあってか、ふだんからハイテンション猫。ダメそうなら、今回はバスケット越しでもいいと思っていました。ところが道中も、着いてからも、「あれれ、まやちゃん、落ち着いてる?! 」。緊張はしているものの、瞳孔は開いてないし、お耳もさほど警戒モードではない。

外に出してみることにしました。

リードをつけて散歩する猫

挙動不審になってきました。

そーっと遊んでいたら、やっぱり若干、人だかりができはじめました。だって猫なんだもの。
「何ていう種類ですか?」「かわいい〜」「チワワかと思った」
「ほら、まやちゃん、ご挨拶は?」

最後は人慣れしてないもので、生垣に隠れてしまいました。
小さな子が、恥ずかしがって、おかーあさんのスカートの下に隠れるようなものかな。

家族なんだから。

先住猫のロッタと、特別ゲストの青鷺。

でも走ったりすることなく、慎重にあたりを窺う様子は、さすが猫。
人見知りする一方で、騒音にはさほど動じることはなく、ちょっとだけ安堵しました。

そうなんですよ、私自身が飛行機、恐怖症なので、飼い主の都合で、こんな小さな子たちを飛行機に乗せるかと思うとね、今から本当に申し訳なくて、ブルーなんです。

特に、英国はヨーロッパの諸外国と違って、飼い主と一緒の旅客機での入国(輸入)が認められてないんですよ。エアカーゴのみ。なので旅客機の客室に持ち込み可能(規定のキャリーバッグ使用)な、フランスかオランダの航空会社を使って、その国からは、陸路(+フェリー)で入る予定です。検疫をパスするための書類も、英語で作成しなければなりません。

でも、猫だけど、この子たちは私たちのかけがえのない家族だから。少しでも快適なフライトができるよう、準備をしているところです。



麻生圭子

Aso Keiko

このライターのコラムをもっと見る >>

1957年大分県日田市生まれ東京育ち。83年、作詞家としてデビュー。吉川晃司、徳永英明、小泉今日子などのヒット曲がある。進行性の難聴のため、91年に作詞家を休業、エッセイストに。96年から京都在。99年より、夫と猫と町家暮らし。代表作に「東京育ちの京都案内」「京都で町家に出会った。」(文春文庫)、「京都がくれた小さな生活。」(集英社be文庫)など。最新刊は「京都早起き案内」(PHP新書)。近々、ロンドンに移住予定。

関連リンク: 麻生圭子の京都のしずく


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ