1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 上田祥子
  5. 迫力美肌を演出する、韓国発のCCクリーム

迫力美肌を演出する、韓国発のCCクリーム

2013年06月10日上田祥子

世界的にCCクリーム旋風が巻き起こる中、美容大国韓国でもさまざまなブランドがCCクリームを発売。BBとはまた違うアプローチで美肌を演出してくれるCCですが、今回は韓国ブランドのCCに注目し、その実力に迫りたいと思います。ハッとするような美しい肌をつくる、おすすめアイテムもご紹介!

韓国発のCCクリーム

*CCクリーム、と言ってもブランドごとに概念や、こだわりのポイントも異なります。CC=Color ControlでもありComplete Correction でもあるわけですが、韓国では肌の色味を補正しながらスキンケア効果を発揮、紫外線も防止する化粧下地というのがCCクリームの一般的な定義。肌の上でカラーチェンジするタイプや無色で毛穴や肌色をきれいにみせてくれるタイプなど商品によって方向性も様々です。その分、好みや目的に合わせてセレクトしやすいのが嬉しいですね。
 カラーチェンジやティンティッド(色付き)のタイプは薄付きのファンデーションとしても使えます。私自身、近所に出かけるときは、CCクリームだけで済ませてしまうこともしばしば。軽くパウダーを重ねると透明感のあるつや肌も演出できます。BBよりも簡単にのばせるし、付け心地も軽いのがまたCCの素敵なポイント。もちろんCCをメイクアップベースにしてファンデーションやBBクリームを重ねると、迫力のある美肌に仕上がりますよ! 

トニーモリー ルミナスGオーラ CCクリーム

*では早速、おすすめのCCクリームをいくつかピックアップしてみましょう。
ちょっと分かりづらいかもしれませんが、商品と手に広げた写真も掲載します。
まずはトニーモリー『ルミナスGオーラ CCクリーム』(SPF30 PA++、50ml
2100円 6月17日発売)。イエロー、レッド、ブラックの3色のカラーカプセルが肌の上で弾けて、なじみのいい肌色に変化する、カラーチェンジするクリーム。45%が水分ベースなので水分保持力が高いのも特徴です。パラベン、タルク、ベンゾフェノン(紫外線吸収剤)など7つの成分がフリー。肌にやさしくファンデーション機能も備えた便利なCCです。

イット レディアントCCクリーム SPF30 PA++

*毛穴もカバーしてきれいに見せてくれるのがバニラコ『イット レディアントCCクリーム SPF30 PA++』(30ml 2730円)。マイクロパウダーが肌の凹凸を補正して、肌トーンを明るく補正。クマも目立たなくしてくれます。さらりとしたテクスチャーで、真夏にもおすすめです。

トリートメント カラコントロール(CC)クッション

*そして、ラグジュアリーブランドからは、アモーレパシフィック『トリートメント カラ-コントロール(CC)クッション』(SPF50+/PA+++ 15g×2個 5880円)。最上のつや肌を演出してくれる、最強のCCです。バンブーサップ(竹の樹液)がベースになっているため、保湿効果が高いだけでなく密着度も大満足。
このCCをつけているときは、必ずと言っていいほど肌を褒められます!

日本未上陸のCCクリーム

*日本未上陸ですが、ネイチャーリパブリックのスーパーオリジンCCクリームとオフィのカラーコントロールクリーム(SPF28 PA++)も使いやすい秀逸なアイテム。ネイチャーリパブリックのスーパーオリジンCCクリームはティンティッド、ブライトニング、カラーチェンジの3つのタイプから選ぶことができて、いずれもマリンコラーゲンやセラミド、ビタミンC誘導体が配合されています。オフィのカラーコントロールクリームは3色のカプセルが肌の上で弾けてナチュラルな肌色に変化。適度なカバー力があるので、これ1つでファンデーションまでOKなCCです。いずれも保水効果があるので、夏肌にもぴったり。(※手に付けているのはオフィのカラーコントロールクリーム)

上田祥子

Ueda Sachiko

このライターのコラムをもっと見る >>

美容研究家。'91クラリオンガールに選ばれ、モデル、リポーターなどを経て、現在は女性誌やWEBサイト、書籍の企画・ライティングを手掛ける。テレビや雑誌イベントで美容コメンテーターとしても活動中。商品企画アドバイザーの顔も。著書に「韓流美肌力」(オレンジページ)、「お値打ちソウルforビューティー」(メディアファクトリー、山下マヌー氏共著)他。アップフロントプロモーション所属。



ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ