1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 上田祥子
  5. 注目の「ケイ素」が美と健康にもたらすもの

注目の「ケイ素」が美と健康にもたらすもの

2015年03月13日上田祥子

今話題のケイ素(シリカ)。私もかれこれ一年半くらいケイ素(水溶性ケイ素)を飲み続けています。出会いは、母がお世話になったクリニックですすめられたこと。
私も母と一緒に飲み始めたのですが、みるみる爪が強くなったり、髪がハリとコシを取り戻していきました。

その変化たるやずっとお願いしているネイリストの方に驚かれたほど。細胞の強化はもとより外から塗布しても経皮吸収で肌細胞が丈夫になるなど、ケイ素の可能性は計り知れません。

高いスキンケアにはかなりの確率でケイ素(シリカ)が配合されています。

水溶性ケイ素で日々の美と健康をキープ

そもそもケイ素は人体の全ての臓器に必要と言われる栄養素。丈夫な血管や腸内環境にも欠かせません。ケイ素を摂るのにおすすめなのは、水晶石を2000℃で燃焼し濃縮溶解、価値のある成分を取り出した水溶性の結晶をさらに溶解させた濃縮溶液です。個人的に最近飲んでいるのは「珪素のしずく」。ほかにも様々な商品がありますよ。

ケイ素は抗酸化作用が高く、血管を丈夫にしたり、免疫をアップさせたり、細胞を活性させたり、歯や爪、髪を丈夫にしたりと身体にとって素晴らしい働きをしてくれます。農薬などが気になる野菜や果物の洗浄にも使えますし、菌の増殖を抑制する静菌性にも優れているそうです。以前枯れかけた観葉植物に、この水溶性珪素を混ぜた水を与えたら元気になったことがありました。

水晶から作られているだけに、場やパワーストーンの浄化に活用されることも。私はエイジングケアのために毎日水やお茶、スープなどに混ぜてしっかり摂っています。高価なスキンケアアイテムにケイ素が配合されていることも多く、美容業界でもケイ素人気は高いようです。

ケイ素をたっぷり含有したミネラルウォーター

そして、こちらはもともとケイ素を多く含有している霧島連山の天然水「玉肌シリカ天然水」。世界トップクラスの奇跡のミネラルバランスということで、今美容業界からも熱い視線を集めています。

1Lあたり97mg のシリカ、170mgの炭酸水素イオン、30mgのサルフェート(老廃物を体外へ排出する作用)、34μgのバナジウム(新陳代謝サポート)、5.7mgのカリウム、31mgのカルシウム、14mgのマグネシウムを含有しているそうで、まさにミネラルの宝庫ですね! とても美味しいお水です。私も愛飲しています。

ケイ素水溶液の遠赤外線効果で身体の芯まで温めるホットパック

もうひとつ、私が愛用しているアイテムが、「水晶の力 クリスタルキュア」。電子レンジでチンして使用するホットパックなのですが、それまで使ってきたものとはちょっと温めパワーが違うのを感じました。

その秘密はこのホットパックが発生させるテラヘルツ波。遠赤外線より波長が長く、身体の奥までしっかり温熱作用をもたらすからなのだそうです。身体の冷えが気になるときはもちろん、肩こりや、腰痛などにも重宝しています。めぐりが整うので、血色も良くなって、疲れもオフ。寒かったこの冬は特に重宝しました。

 ケイ素を知れば知るほどその効能や力に驚かされます。これからも健康はもちろん美容のためにも積極的に活用していきます。
 

上田祥子

Ueda Sachiko

このライターのコラムをもっと見る >>

美容研究家。'91クラリオンガールに選ばれ、モデル、リポーターなどを経て、現在は女性誌やWEBサイト、書籍の企画・ライティングを手掛ける。テレビや雑誌イベントで美容コメンテーターとしても活動中。商品企画アドバイザーの顔も。著書に「韓流美肌力」(オレンジページ)、「お値打ちソウルforビューティー」(メディアファクトリー、山下マヌー氏共著)他。アップフロントプロモーション所属。



ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ