1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. ダイエット中でも安心して食べられるヘルシーおやつ

ダイエット中でも安心して食べられるヘルシーおやつ

2013年06月14日和田清香

「ダイエット中のおやつはNG!」「スイーツ禁止!!」と言われると、それが逆にストレスとなってダイエットの挫折&失敗につながることが多いものです。

そこで今回は、ダイエット中でも罪悪感なく食べられるヘルシーなおやつをご紹介。賢くおやつを選ぶことでイライラすることもなく空腹が抑えられて、食事の量や食べたい欲求を上手にコントロールできますよ!

バッグに携帯できる便利おやつ

バッグにヘルシーおやつをストック!

小さな容器に入れて持ち運べば、いつでもどこでも食べられるので、チョコやスナック菓子をつまむ悪い癖もなくなります。

「アーモンド」
少量で満足感を感じられるうえに、豊富なビタミンEによるアンチエイジング効果や食物繊維による便通をスムーズにする効果が期待できます。アーモンドの他にも、くるみ、カシューナッツなども◎です。

「ドライフルーツ」
手軽にフルーツの栄養が摂取できるのが魅力。自然の甘みを補給することでチョコや生クリーム系といったカロリーの高いスイーツが食べたい欲求をおさえることができます。

「焼き海苔」
ゼロカロリーに近いながらも、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なスーパーフードです。

ストックすべき果物&野菜のおやつ

持ち歩くにはちょっと……ですが、自宅のキッチンに常備しておくと便利なスーパーヘルシー食材です。

「枝豆」
良質のたんぱく質や食物繊維が豊富で、満腹感が得られるうえに腹持ちが良いのも魅力。また、食べるのに皮から豆を出すというひと手間が必要なので早食いも予防できます。さらに、脂肪を蓄積しにくくする働きもあります。

「グレープフルーツ」
脂肪燃焼を促がす働きがあるいっぽう、グレープフルーツ独特の苦味成分には、食欲を抑える効果もあるのでダイエット効果がバツグンです!

「ブルーベリー」
ポリフェノールが多く含まれ、脂肪の生成を抑えたり脂肪分解を促進する働きあるので、スイーツ代わりに食べるとキレイ痩せが実現しそう!?

「いも類」
さつまいもやカボチャは甘みがあるので、甘いものが食べたくなったときに◎。また、腹持ちもよく食物繊維が豊富なのも嬉しい点。茹でたりふかしたりして、一口サイズにカットして常備しておくと良いでしょう。

ちょっとひと工夫で賢く美味しいおやつに!

おやつは賢くチョイス!

凍らせる、ゆでる、蒸すといったひと手間を加えて保存しておけば、いつでも食べられるダイエット中にピッタリのおやつが完成します。

「凍らせたフルーツ(ぶどう、バナナなど)」
果物を凍らせ、小さめのジップロック袋に入れておくだけ。シャーベットやアイスクリームが食べたくなる欲求をカバーできます。

「ゆで卵」
低カロリーなのに満腹感があり腹持ちも◎。小腹がすいた時におやつや食事にプラスするだけで食事量がセーブできます。

以上のどれもが身近な食材なのに立派なおやつとなり、ダイエッターの強い味方になってくれます!おやつはNGなのではなく、食材を賢くチョイスすることが大切ですよ。

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ