1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. スリムな女性がこっそり実践している3つのこと

スリムな女性がこっそり実践している3つのこと

2015年08月10日和田清香

たくさん食べているのになぜか太らないスリムな女性っていますよね? 今回は、そんなスリムな女性が実践している3つのコツを紹介したいと思います。

1 我慢はせずに少量を美味しく食べる 

好きなものは少量で!

「ダイエット中だから大好物やお菓子を一切止める!」と決心した途端に食べたくなる経験ってあるのではないでしょうか? そして、その我慢やストレスによって、あえなく挫折してしまうことも多々あるものです。

食べることは人生の楽しみの一つでもありますし、ストレスはダイエットの大敵です! 脂っこい食べ物や甘いお菓子を止める必要はなく、食べる量を調整することがポイント。

まずは、これまで食べていた量の1/4を残す、次は半分……というように、徐々に量を減らしていくと、無理なく実践できるでしょう。

大量に食べた後で罪悪感を抱くより、「もうちょっと食べたいな」ぐらいの量を美味しく食べる! これが、スリムな女性が実践している、体も心もヘルシー美人のコツです。

2 食べる順番を意識する

同じ内容の食事をしたとしても、食べる順番を意識するだけで、太りにくくなるものです。

① 野菜(サラダや海藻類)→②あれば酢の物→③汁物→④おかず(肉や魚)→⑤主食(米、麺類、パン類、イモ類など)の順番で食べるように心がけましょう。

食物繊維が胃から腸への食べ物の移動を遅らせることで血糖の上昇を緩やかにし、さらに、よく噛むことで満腹感が増し、自然に食事量をセーブすることに役立ちます。

例えば以下は、定番の和食メニューを食べる際の順番となりますので参考に!一つ一つのメニューを食べ終える必要はないので、円を描くように順番に食べましょう。この習慣化がスリム美人2つめのコツです。

和食メニュー例)
ごはん、さんま、味噌汁、ほうれん草のお浸し、ポテトサラダ
①ほうれん草のお浸し&味噌汁→②さんま→③ポテトサラダ&ごはん

3 食べたら動く!

食べたら動いて脂肪も燃やす!

「美味しいものは楽しく食べたい」「外食を楽しみたい」という理由で、食べたら動く習慣を自然にライフスタイルに組み込むことも、スリムな女性達が実践しているコツです。

いつもよりたくさん食べてしまった夜は、お風呂に長めに入って血流をよくし、むくみを翌日に持ち越さない。翌日はウォーキングなどをいつもより長く行う。その他、階段を積極的に使う、テレビを観ながらスクワット&脚上げ等々を意識します。

以上は、ジムやスタジオに行って実践する運動ではありません。いつも行っていることにプラスα少しだけの動きを加え、それを習慣化させるだけなので、手軽に実践しやすいものばかりです。

食べても太らないスリムな女性達は「ダイエット=痩せる」ばかりに重きを置かず、体や心に気を使い、食事や運動ふくめ、きちんと生活しているものです。それが結果的に、「痩せやすい=太らない体づくり」に役立っているのだと思います!

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ