1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. 寝ながら美脚と美腹をつくる!「シンクロエクササイズ」

寝ながら美脚と美腹をつくる!「シンクロエクササイズ」

2015年07月21日和田清香

夏に突入した今からでも遅くない! 道具も場所も必要なく手軽にできるうえ、すぐに効果が実感できる「シンクロエクササイズ」を今回は紹介したいと思います。

「シンクロエクササイズ」とは

「シンクロエクササイズ」とは、水中で踊りを競う“シンクロナイズドスイミング”の足技の要素を取り入れ、それを水中ではなく、床の上で寝ながら行うエクササイズです。

「シンクロエクササイズ」は、脚に余計な負荷をかけずに行えるので、筋肉が付きすぎてゴツゴツしてしまう……という心配もなく、さらに、自宅でテレビを観ながらでも実践できるのが特徴です。

「シンクロエクササイズ」の効果

「シンクロエクササイズ」の効果は、以下5つ。

1)寝ながら行うことで脚に余計な負荷をかけない

立った状態で行う脚のエクササイズだと脚を地面に対して踏ん張り、自分の体重を支えたりすることで、特に太ももやふくらはぎに余計な負荷をかけてしまいがちですが、寝ながら行う「シンクロエクササイズ」の場合は、以上のように余計な負荷をかける必要なし。

2)むくみ&冷え解消

心臓から遠い下半身=脚は、血流が滞りやすく、むくみ&冷えを招きやすいパーツ。
「シンクロエクササイズ」は脚を上げた状態でエクササイズするので、血流の巡りがよくなり、筋肉を鍛えつつ、むくみ&冷えもスッキリ解消する効果が期待できます。

3)短期間で理想の美脚ラインが手に入る

脚はなかなか効果が出にくいパーツですが、「シンクロエクササイズ」は、余計な負荷をかけずに筋肉を鍛えると同時にむくみ&冷えが改善されることで、引き締まった理想の美脚ラインが効率よく手に入るのも特徴。

4)ペタンコお腹に効く

脚を上に向けた状態でエクササイズするので、常に自分の脚の重みをお腹で支え、これがお腹のエクササイズにもなるのが特徴。お腹のインナーマッスルが鍛えられ、理想の美腹が手に入ります。

5)スペース要らず(*ヨガマット半分でOK)

寝た状態から、さらに下半身を床から浮かせた状態で行う「シンクロエクササイズ」は、ヨガマット半分のスペースで済むのもメリット。
また、テレビを観ながら&寝る前にベッドの上で等、時間や場所を選ばないのも◎です。

「シンクロエクササイズ」の実践方法

まずは基本の姿勢を覚えましょう。

写真のように脚を上げ、天井に向かってひざをピンと伸ばした状態が基本の姿勢となります。手はハの字に床に自然におろします。この状態をキープするだけでも効果的です。


■美脚ラインをつくる

1)つま先を伸ばし、写真のように右脚を前、左脚を後ろにセットします。

2)(1)の状態から、つま先で半円を描くように、今度は右脚を後ろに、左脚を前に移動させます。ひざは常に曲げず、股関節から脚を動かすのがポイント。

3)(1)⇔(2)を交互に往復で10回程度繰り返します。


簡単にどこでも実践できるうえ、悩みの多い脚とお腹を同時に効率的に鍛えることができるのが「シンクロエクササイズ」。今日からさっそく実践してみましょう!

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ