1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. 心も体もスッキリ!アンチストレスストレッチ

心も体もスッキリ!アンチストレスストレッチ

2014年12月14日和田清香

12月は仕事の忙しさによる精神的なストレスに加え、忘年会などのイベントで外食が多く、内臓もストレスを感じているもの。そこで今回は、ぜひ取り入れていただきたい”アンチストレスストレッチ”をご紹介したいと思います。

ストレスはダイエットの大敵!

ダイエット&美容のためにもストレス解消!

多かれ少なかれ、現代社会ではストレスを感じるものですが、あまりにストレスを抱え込むと、心にも体にもトラブルが生じてしまいます。

ダイエット&美容面では、ストレスにより姿勢が悪くなり呼吸が浅くなることが問題です! ストレスを抱えると、どうしても人は前かがみ&猫背気味となるもの。これが、呼吸が浅くなる→代謝が悪くなる→冷え性や痩せにくい体質に……という、負のスパイラルを招く原因となります。

また、ストレスが過剰な時は自律神経のバランスも乱れるため、血液の流れが滞り、これもまた、代謝の低下や太りやすい体質となります。

特に女性は、ストレスを食べることで発散させる傾向にあるため、暴飲暴食で体重オーバーになりがちです。ストレス発散のつもりで食べたのに、暴飲暴食で自己嫌悪→ストレスという事態に陥ることも。

それでは、ストレスをため込まず、心も体もスッキリ健やかになるストレッチをご紹介しましょう。

アンチストレスストレッチのやり方

バレリーナの動きをイメージしたストレッチ

①足を骨盤幅に開いて立ちます。つむじが天井からの糸で吊るされているイメージでスッと立ちましょう。

②両腕をふわっと頭上に上げ、頭上で両方の手の甲をつけます。この時、肩が上がらないようにすることがポイント。顔と肩の間には小さなボールが一つ入るぐらい、スペースを空けておきます。そのためには、腕は上げても肩甲骨はお尻のほうに下げておく意識が必要です。

③上げていた両腕を下ろしていき、お尻の後ろで両方の指をつけます。②⇔③の動きを10回繰り返しますが、この動きは、白鳥の湖のバレリーナの動きになります。肩甲骨から腕を動かすようにし、腕をしなやかに大きく動かして繰り返しましょう。

その他ポイントは、ゆっくりとした呼吸に合わせて動きもゆっくりしなやかにすること。たったこれだけの動きですが、終わると姿勢がよく呼吸が深くなり、体はポカポカ、スッキリ晴れやかな気分になります。椅子に座ったままでも実践可能ですので、デスクワーク中にストレスが溜まってきたな!と感じたら、是非こまめに行ってみてください。

自分なりのアンチストレスを!

ストレッチ以外でも、自分なりのストレス発散法を見つけておくと、ダイエット&美容に役立ちます。

その一つが入浴です。お風呂で体が温まることでホッとした気分になりますし、浮力効果で重力から解放され、リラックス効果が期待できます。

また、泣く&笑うのも◎。あえて、泣ける映画を見て涙を流せば、不思議とデトックスされますし、お笑いのDVDを見て大笑いすることも良いリフレッシュとなりますよ。

ストレスと上手にお付き合いして、素敵な笑顔で年末の忙しさを乗り越えてくださいね!

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ