1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. 巡り美人はダイエット成功のカギ!

巡り美人はダイエット成功のカギ!

2014年07月11日和田清香

血の巡りが良いことは、冷えやむくみを防ぐだけでなく、ムリのないダイエットにも繋がります! 巡り美人はダイエットに効果的! 今回は、巡りをよくする方法やコツをご紹介したいと思います。

血の巡り度チェック!

まず最初に、自分の血の巡り度をチェックしてみましょう。

□体がだるい
□姿勢が悪いまたはパソコン作業等、同じ体勢でいることが多い
□睡眠不足だと感じる
□冷え性だ
□冷房に弱い
□肩こりがひどい
□目が疲れやすい
□運動部不足だと感じる
□顔色が悪いとよくいわれる
□イライラしがち

・1~3個の人:血の巡りは比較的良いほうです。このまま巡りのより状況をキープ。
・4~6個の人:手足が冷えたり肩こりを感じたりしませんか?ストレッチなど適度な運動で体をほぐすように。
・7個以上の人:血の巡りがかなり滞っているようです。代謝が落ちて痩せにくい体質になるだけでなく、健康不良も招くので、巡りの良い体をつくる生活習慣の改善が必要。

血の巡りが悪いと起こるトラブルとは!

巡りの悪い体はダイエットだけでなく美容にも悪影響が!

運動不足、不規則な生活習慣、偏った食生活、ストレスの多い環境、喫煙等は、血の巡りを悪くする主な原因です。

血の巡りが悪い体は低体温になってしまうことが多く、こうなると必要な物質を運ぶことができなくなり、老廃物も排出されにくくなりがちです。結果、ダイエットしてもなかなか痩せない、太りやすい、むくみやすい、セルライトができるといったトラブルを招きます。

その他にも、このような状態が慢性化すると、以下のような症状があるので注意しましょう!
☆「肩こり、腰痛、目の疲れ、頭痛、睡眠トラブル、肌のくすみ、吹き出物」

血の巡りをよくする4つのポイント!

運動や食事で巡りをアップ!            © cook_inspire - Fotolia.com

①運動
まずは1日10分~でもいいので歩く習慣から始めましょう。通勤&通学でもできるだけ歩く機会を増やし、座りっぱなしのデスクワークの際は、フロアの違うトイレを利用するのがコツです。

また、デスクワーク中でも出来る以下のストレッチもコマメに行いましょう。

□「足首のストレッチ」
椅子に座ったまま、両脚を伸ばして軽く浮かせ、外回し⇔内回しに、足首をくるくる回す。

□「首と肩のストレッチ」
両肩をギュッと上に上げ、5秒キープしてその後力を抜いてストンと落とす。
両手を真っ直ぐ上に上げて伸びをし、胸で天井を見上げるように背骨も伸ばす。気持ちよく伸びたと感じるまで行う。

②食事
冷たい飲み物&食べ物は内臓を冷やしてしまい、血の巡りも悪くしてしまうので控えましょう。夏でも常温か温かい飲み物を飲むように心がけ、体を温める食材を積極的に取り入れることが、血巡りビューティには大切です!

<体を温めてくれる食材>
もち米、ソラマメ、玉ネギ、ニンジン、ニラ、シソ、ネギ、ショウガ、ニンニク、羊肉、アジ、サバ、イワシ、エビ、フグ、タイ、桃、ザクロ、クルミ、栗、黒砂糖、紅茶、山椒、シナモン、唐辛子等

③服装
足首は大きな血管が通っているので、足首を覆うと冷えを防ぐ効果があります。可能であれば、オフィスの中や自宅では、レッグウォーマーや靴下を活用するのがオススメ。

また、首から肩背中にかけては温度のセンサー的役割をしてくれるので、大き目のストールなどをすると◎。特に冷房が気になるこれからの季節は上手に活用しましょう!さらに、腹巻を活用するのも効果的です。

④ストレス解消
ストレスによって交感神経が優位に働くと、血管がしまって手足が冷たい状態になり、血の巡りも悪くなります。趣味&人に話す等、上手にストレスを発散できる自分なりの方法を見つけることが大事です。

また、血&気の巡りをよくするツボを、休憩タイムやテレビを観ながら押すのも効果的です!手のひらを上にして手首をちょっと曲げ、手首の小指側にある丸い関節の手前にある小さなくぼみを、親指でギュゥ~っと押してみましょう。

巡りをよくすることムリのないダイエット習慣にも役立ちますので、巡り美人を目指してくださいね!

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ