1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. 美脚の近道!ふくらはぎケア

美脚の近道!ふくらはぎケア

2014年05月12日和田清香

最近「ふくらはぎ健康法」が注目ですね!? ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれており、ふくらはぎをケアすることで、全身の血流がよくなり「むくみ」「冷え」といった女性に多いトラブル解消にも役立つとか。

そこで今回は、ふくらはぎを効果的にケアすることで美脚をつくる近道をご紹介したいと思います!

ふくらはぎの役割とは

心臓から送りだされた血液は全身を巡り、また心臓に戻ります。心臓より上の血液は、重力によって自然と心臓に流れていきますが、心臓より下の血液は重力に逆らって心臓に戻らなければいけません。特に下半身に流れた血液は、心臓のポンプ作用だけで心臓に押し上げるのはとても心臓に負担がかかってしまうため、ふくらはぎの筋肉が収縮したポンプ作用で、心臓に血液を戻しています。つまり、 血液の流れをスムーズに保つカギを握っているのは『ふくらはぎ』であるため、「第2の心臓」と呼ばれているのです。「第2の心臓」=ふくらはぎの筋肉は、程よく鍛えられ、弾力のある柔らかな質感が理想(ブヨブヨやカチカチではNG!)。ふくらはぎの筋肉の働きが低下していると、血液の流れや回収がうまく働かない状態になってしまうため、老廃物や余分な水分が放置されたままどんどん蓄積されてしまいます。これが女性に多いトラブル「むくみ」を引き起こします。さらに、この「むくみ」を放っておいたまま、ふくらはぎを使わないでいると「冷え」の症状が起こり、「むくみ」と「冷え」が合体して「セルライト」が表れはじめます。

あなたのふらくはぎをチェック!

美人なふくらはぎを目指そう!

ここでは、自分のふくらはぎの状態をチェックしてみましょう。「美ふくらはぎ」と「おブスふくらはぎ」のどちらのチェック数が多いでしょうか? 
☆「美ふくらはぎ」
□指で押すと弾力がある
□やわらかい
□触ると温かい
□なめらかなラインを描いている
□触ってコリコリした部分がない
□見た目でゴツゴツしていない
□押したり触ったりしても痛みがない

☆「おブスふくらはぎ」
□指で押すとしばらく跳ね返ってこない
□硬い
□触ると冷たい
□引き締まったラインを描いていない(ブヨブヨ)
□触るとコリコリした部分がある
□見た目がゴツゴツしている
□押したり触ったりすると痛い

美脚をつくる「ふくらはぎケア」

「美ふくらはぎ」の条件とは、ただ細ければよい、というものではありません。美しいふくらはぎとは、特につまさき立ちしたときにキュッと筋肉が浮き上がってふくらはぎの位置が高くなるもの。これが、後ろ向き&横から見た脚全体がしなやかなラインを作るのです!以下では、簡単&手軽にできる、ふくらはぎエクササイズやマッサージの方法をご紹介します。
◆「ながらエクササイズ」
歯を磨いている時間を有効活用します。歯磨きしている間に、足のかかとをくっつけ、つま先を開いた状態にします。その状態で、かかとを上げたり下げたりしてみましょう。できるだけゆっくりと行うと効果的です。10回をワンセットに3回ぐらい繰り返します。
◆「ながらストレッチ」
テレビを寝転んでみている時間を有効活用します。寝転がった状態で両脚を伸ばし、つま先を遠くに伸ばしたり、つま先を天井に向けてかかとを突き出すを繰り返します。ふくらはぎの筋肉が動いているのを感じながら、10回をワンセットに3回ぐらい繰り返します。
◆「簡単マッサージ」足首から膝関節に向かって、下から上に撫でるようにマッサージします。下に落ちてしまった血流を戻してあげるようなイメージで行いましょう。ふくらはぎを両手で下から包みこむようにしてつかむのがコツです。10回程度繰り返します。

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ