1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. 乾布摩擦で脚のむくみをシンプルに改善!

乾布摩擦で脚のむくみをシンプルに改善!

2014年04月24日和田清香

ダイエット&キレイが叶う!1日3分「乾布摩擦トレーニング」(前編)に続き、後編では一年を通して悩みが多い「脚のむくみ」を乾布摩擦でシンプルに解決する方法をご紹介していきます!

☆『本当はスゴイ!乾布摩擦トレーニング』(ディスカバー・トウェンティワン)好評発売中!

むくみを解消する理由

乾布摩擦の一番の効果は血流がよくなることです。多くの女性を悩ます脚のむくみ、また、セルライトも血流の滞りが原因ですので、乾布摩擦で皮膚をこすって血の巡りをよくすることは、むくみにもセルライトにも効果が期待できます。また、冷えもむくみも大きな原因です。乾布摩擦を習慣にすれば、血管のすみずみまで血液が流れるようになるため、冷えの改善にも効果的。結果、むくみもスッキリ解消できるというわけです。

乾布摩擦の基本と注意点

■用意するもの
なるべく柔らかめのタオルで長さは1メートル前後のものを用意しましょう。ナイロン素材やアカスリ製品は肌を傷めるので乾布摩擦では使わないようにしてください。
■服装
私が提案する乾布摩擦は、服を脱ぐ必要はありません。直接肌を強くこすると刺激が強すぎることもあるので、薄いTシャツの上からのほうがよいでしょう。
■場所
乾布摩擦は屋外で寒い場所で行う必要はありません。室内の温かい場所でOKです。
■順番と方向
乾布摩擦は、まずは体幹、そのあとは、四肢を行います。方向は心臓から末端に向かって行うほか、上下、円を描くなど、様々な方向から刺激を与えていきます。強さは気持ちいいと感じる程度。ゴシゴシ力任せに行うのは控えましょう。また、ゆっくり呼吸を止めずに行うようにします。
■乾布摩擦を行う前の注意点
以下にあてはまる場合、乾布摩擦はできません。
・肌トラブルのある人(アトピー性皮膚炎、やけど、しっしん、傷など)
・心臓に持病のある人
・高血圧の人
・体調の悪い人
また、お風呂やシャワーの後の皮膚が湿っているときは、刺激が強すぎるので避けましょう。

乾布摩擦の実践方法

老廃物を流すように!

■太もも
太ももの前&裏とも、脚の付け根から膝にむかってこすります。タオルの両端を持ち、左右に動かします。5回繰り返します。

■ひざ下
ひざ下の前&裏とも、ひざから足首にむかってこすります。タオルの両端を持ち、左右に動かします。5回繰り返します。
■足の甲
足首から足の指にむかってこすります。5回繰り返します。

きもちよく&まんべんなく

■足裏
タオルの両端を持ち、左右に動かしながらまんべんなく足裏を5~10回こすります。足の指の間も1本ずつこすると◎です。

少しずつ位置をずらして!

また、写真のようにタオルの真ん中に玉をつくり、体重を乗せて足裏に刺激を与えるのもむくみ解消に効果的です。

やはり、昔から乾布摩擦が実践されてきたのには、カラダに良い理由がきちんとあった!ということが、今回明らかになりました。タオル1本さえあればコストもかからず、他に用具を準備する必要もありません。また、運動が苦手な人でも手軽に簡単にどなたでもできるのも魅力です。

究極の簡単で効果的な方法「乾布摩擦」で、夏前にむくみやセルライトをはじめ、様々なトラブルや不調改善にお役立てください!

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ