1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 和田清香
  5. 食欲の秋!太らないためにすべきこと

食欲の秋!太らないためにすべきこと

2013年09月12日和田清香

秋といえば「食欲の秋」! 脂ののった魚、果物、お芋、栗、そして秋の味覚を使ったスイーツなどが店頭に並び出すと同時にどんどん涼しくなるせいか、なんでも美味しく感じられてモリモリ食べちゃう危険なシーズン。夏までは頑張ってダイエットしてきた人も、実はこの季節に挫折してしまうケースが多かったりするものです。

そこで今回は、そんな食欲を上手にコントロールしながら、無理や我慢を極力しないでダイエットを実践できるヒントをご紹介したいと思います。

ニセの食欲に気をつけて!

目からの情報で食べているだけかも!?

食欲には2種類あり、体がエネルギーを必要としている時の食欲の他に、テレビや雑誌による外部刺激によって生まれる食欲があります。

特に「食欲の秋」に気をつけたいのは、本当にお腹がすいた時以外に起こるニセの食欲! 体のエネルギーは充分なのに、視覚や嗅覚から刺激を受けて、ついつまみ食い&コンビニに買いに行ってしまう……なんてことはありませんか? 

このニセの食欲が起こったときは、以下のような対処策をとるようにしましょう!

・テレビや雑誌などのグルメ特集はなるべくシャットアウトする
・テレビや雑誌などの刺激によりニセの食欲が起こったら食べる以外の行動にうつす
(散歩、ストレッチ、エクササイズ、入浴、読書など

冬が来る前に基礎代謝を上げておこう!

秋は食べ物が少なくなる冬に向かって、栄養源となる脂肪を体に溜めこもうとする季節。そんな季節に食べたいだけ食べ、運動をしない生活を送っていたらどんどん太ってしまうのは当然のこと。

ただ、外気や体温が低くなる秋から冬にかけては、体温を平穏に保つためにエネルギーが必要。つまり、代謝が上がりやすくなる=ダイエットを効率よく実践できる季節なんです。

秋は「食欲の秋」だけでなく、「スポーツの秋」でもあります。溜め込んだ脂肪を燃やすには、基礎代謝を上げる事が一番効果的なので、涼しくなってきた朝晩にウォーキングやジョギングを始めてみたり、休日にはスポーツを楽しむなどして積極的に体を動かすようにすると、これから起こりやすい冬太りの予防にもなります。

外食での対処法

外食のときでも以下のポイントを覚えておけば、スマート&順調に秋のダイエットを実践することができます。

・野菜、きのこ、豆、海藻中心のメニューを選ぶ
・白身魚や魚介類を中心に(肉なら鶏ささみや赤身ヒレ肉)
・「ゆで」「焼き」「蒸し」「和え」料理を選ぶ
・主食はパンよりもご飯を(腹持ちが良くバターも使わない)。あれば玄米がベスト
・ご飯や麺は最初から少なめにしてもらい、スープやソースは残す
・飲み物では砂糖ミルクは使わない
・デザートはゼリーやシャーベットを選ぶor 1つをシェアする

今回ご紹介した中で、記憶に残った方法を1つか2つでも実践し継続していくようにして、秋のダイエットを成功させましょう。

和田清香

Wada Kiyoka

このライターのコラムをもっと見る >>

ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験やノウハウを活かして各メディアで活躍中。著書に「パーフェクトサクセスダイエット徹底ガイド」(講談社)「ハワイワンプレートダイエット」(メディアファクトリ)。

関連リンク: オフィシャルブログ


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ