1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 吉川千明
  5. 皆に見て欲しい−ヴァンダナ・シヴァの「命の種を抱きしめて」

皆に見て欲しい−ヴァンダナ・シヴァの「命の種を抱きしめて」

2015年07月15日吉川千明

「千明ちゃん、絶対においで!」
私を誘ってくれたのは、オーガニックコットン協会会長でアバンティの渡邊千恵子さん。

辻信一さんのトークとドキュメンタリーの上映会があるという。バタバタしている毎日、いろいろなお誘いをお断りすることも多いのだが、「絶対!」と言われては・・・。

『よし、絶対に行こう!』
中央線を乗り継いで、金曜日の夜の荻窪へ。

『ああ、無理』感動をこらえられない

この映画はヴァンダナ・シヴァという世界的な環境活動家のドキュメンタリー映画で、インドにある彼女の農場で撮られたもの。
映画の中では、ヴァンダナが世界中から集まってきている学生達に講義をする様子やインタビューアの辻信一先生に答えながら農園を案内する様子が写しだされています。
ナウダーニャ農園の美しい風景の中で、彼女の話す言葉一つ一つに胸を打たれます。

自分の今いるところを大切に生きようと思うよ!

遺伝子組み換え、グローバリゼーション、効率化、生物多様性、この映画には、単語にするといろいろな言葉がでてきます。
この短いDVDを見ると、『それってどういうこと?』って今までわからなかったことが、とってもすんなりと理解することができます。知るために見てもいいかもしれません。でも、一番大切なことは、自分のいるところに幸せがあるのだと気づかせてくれること。効率が一番大事と思わせられてきたことが実はそうではないと気づかせてくれることにありました。

大きいものより小さいもの、早くよりゆっくりと

私は美容を専門にしています。美しくいることに興味があります。
この映画を見ていて、インドのサリー、民族衣装をまとって仕事をするシヴァさんの美しさにみとれていました。

手仕事の使い捨てでない布が凛と人を美しくしていることに感動しました。私達の日本には着物があるから、着物ももっと着たいな、などと思いながらも見ておりました。

そして、自分がいる場所を愛し、ゆっくりと時間を過ごすこと。そうすれば体は疲弊しないで若々しくいられるのだと感じました。

効率の名の下に、早くできないことに苛立たないこと。眉間にシワを寄せて、美しさを損なわないこと。どこで育ったか分かる近所のものを食べること。知った人におはようと声をかけること。機械でなく、人が作ったものを買うようにすること。

この映画を見て、私は自分自身のこれからの生き方を考えました。
幸せと美しさが同居する生き方をこれからはしたいと切実に思いました。
深く心に響いた映画に、自分の行動を変えないと意味はないな。デモ、ダッテ、から私は脱出するぞ!と思いました。

辻信一先生、文化人類学者、環境活動家、明治学院大学教授。
こざっぱりした、落語家のような口調で話す素敵な教授でした。
同じく50代!先生とツーショット。


ヴァンダナ・シヴァの「命の種を抱きしめて」ナマケモノDVDブック
http://namakemono.shop-pro.jp/?pid=73254294

吉川千明

Yoshikawa Chiaki

このライターのコラムをもっと見る >>

美容家・オーガニックスペシャリスト
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティ、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案している。「ジュリーク ショップ青山」、「白金台ビオ・パスカル」などのサロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持つ。オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。オーガニック&ナチュラルコスメのプレスルーム「ビオ代官山」、働く女性の保健室「さくら治療院」代表。CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー。NPO法人「みんなの漢方」理事。
著書:「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)2013.6月発売など

関連リンク: ビオ代官山


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ