1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 吉川千明
  5. 和コスメに生きる植物オイルの力

和コスメに生きる植物オイルの力

2014年06月13日吉川千明

引き続きオイル(油)美容に注目が集まっています。植物オイル(油)は、植物の種や実から絞られる、人間で言えば生まれた赤ちゃんにあげる、お母さんの母乳のようなもの。ピュアで貴重な生命を養うための栄養素がぎっしり詰まっています。今回は、メイドインジャパン、日本製の和コスメから、良質な植物オイル(油)を使ったコスメを紹介致します。写真は、お茶の実です。

桜島の椿油が作る最高のヘアオイル

薔薇椿4.100円 ピュアローズリップグロス2.052円

私たちの先輩達は、椿油に漬け込んだ櫛で、毎日髪をとかしていました。椿油は、オメガ9とよばれるオレイン酸を豊富に含んでいます。安定性がよく、髪に艶と潤いを与えてくれるオイルです。椿は植物としてはお茶の仲間に入ります。花が咲いた後に、想像以上に大きな実をつけます。その実を低温で圧搾してオイルをとりだします。

写真左は、大阪のナチュラルコスモさんのヘアオイル。ココシャネルが愛したというブルガリア産のローズ精油を桜島産の椿油にブレンドしています。あ〜、いい香り。軽いオイルで、髪をべったりとさせることがありません。隣の小さいオイルは、蜂蜜を混ぜた唇用のオイルです。

親子で競演。茶の実のオイル、茶実油を使った2種類の美容液

エターナルエッセンス3.240円 エクストラオイル8.424円

奈良の暮部恵子(クレベケイコ)さんが作ったコスメだから、クレコス。覚えやすいでしょう。息子さんが作ったブランドが、クオン。クレコス、クオンともに、日本のよい素材をふんだんに使っていますが、特に、大切に思い使っているのが、お茶の実からとった茶実油。椿油と同様に、オレイン酸をたっぷりと含んでいます。右のピンク色の瓶は、お母さんのブランドですが、茶実油に、漢方薬で使う傷薬、紫の根、紫根を漬け込んでいます。荒れて弱った肌をいたわりながら、潤いを取り戻してくれるオイルです。左のクオンは、若い人にもとても人気があります。

沖縄産月桃の力を凝縮 月桃の葉と茎と根と実までオイルに漬け込んで

この写真は、沖縄の月桃の花。きれいですよね。月桃は、ものすごく生命力ある強い植物で、沖縄では、畑のあちこちに生えていますが、美容にもとても効果の高い植物です。葉や茎、そして根は、ビタミン、ミネラルともに豊富に含み、実はさらに力強く、皮膚の健康を保つ亜鉛や銅などを特に多く含んでいます。

冷浸法 ~月桃の成分をホホバ油に写しとって~

サーキュレイトオイル25ml 4.428円

ムーンピーチのオイルは、ベースになるのはメキシコ産のホホバ油。このホホバ油に月桃の葉、茎、根、実を漬け込んで成分をじっくりしみ出させています。このスタイルを冷浸法といいます。月桃の実を絞っているわけではありませんが、月桃の有効成分がホホバ油の中にしっかりとしみ出しています。元々月桃の葉や茎は抗菌作用にも優れていますから、ニキビで悩む大人女子にもとてもおすすめです。マッサージに使ったり、美容液として使ったり。クリームに混ぜて使ってもいいですね。

人気のアルガン油やクランベリー油に、和の植物のエキスを混ぜて

ビューティーオイル 6.696円

小さなカプセルに入ったオイル。オイルは、酸化しやすいものなので、こうして、カプセルに入っているととても便利ですね。かぐれのオイルは、アルガン油、クランベリー油、ザクロ油、月見草油などのベースオイルに、びわの葉のエキスや桃の葉のエキスを入れています。びわや桃の葉は、日本の民間療法で、昔から肌あれに使われてきた植物。不安定で荒れやすい女性ホルモン世代にもうれしいオイルです。ラベンダーやゼラニウム、イランイランの香りに気持ちもホッとゆるみます。月見草はγリノレン酸(ガンマリノレン酸)という成分を含み、アレルギーを押さえる成分としても注目されています。まさに至れりつくせりのオイルですね。和コスメのオイル達、どれもとっても素敵。あなたにあったオイルを選んでくださいね。

吉川千明

Yoshikawa Chiaki

このライターのコラムをもっと見る >>

美容家・オーガニックスペシャリスト
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティ、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案している。「ジュリーク ショップ青山」、「白金台ビオ・パスカル」などのサロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持つ。オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。オーガニック&ナチュラルコスメのプレスルーム「ビオ代官山」、働く女性の保健室「さくら治療院」代表。CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー。NPO法人「みんなの漢方」理事。
著書:「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)2013.6月発売など

関連リンク: ビオ代官山


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.