1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 木内アキ
  5. 地元で観光!? 手軽な『ステイケーション』の愉しみ<<後編>>

地元で観光!? 手軽な『ステイケーション』の愉しみ<<後編>>

2013年11月06日木内アキ

前回は、何かと物入りの年末でも、ちょっとした発想の転換でお金をかけずに近場で旅気分を味わう『ステイケーション』のコツをご紹介いたしました。「早速やってみました!」「前からやっていますが、楽しいですよね」などの感想もいただいた一方で、「その“発想の転換”が難しいのよ」とか、「何かしたいけど、何をしていいのか分からないうちに時間だけが過ぎていって……」というようなお悩みの声も。

それならば! と後編では、ステイケーションしたいときに役立つ、近場の街歩きネタをどう見つければよいかについてご紹介いたします。

自治体の観光情報は宝の山!

まずは前回ご紹介した『ステイケーション』のおさらいを簡単に。
いつもの過ごし方から目線を変え、お金をかけずに行ける近場の知らない場所に
行ってみるだけでも非日常なプチ旅行気分が味わえますよ、とお伝えしました。
詳しくはこちら(http://kirei.woman.excite.co.jp/around40/column/akch_6/)。

何気なくチェックした、地域の観光情報が想像以上に充実した内容でビックリすることも。

ここでひとつ問題が。
書店に観光ガイドがあるような、それなりに有名な街や観光都市に住んでいれば、地元の面白い情報がさっと手に入りやすいかもしれません。
しかし多くの場合、いわゆる"住宅街"にお住まいのケースがほとんど。「ステイケーションするといっても、どこで何をすれば気分が変わるやら・・・」と、なかなかパッとアイデアが思い浮かばないことも考えられます。

そんなとき、私がよく利用しているのは市区町村や地域の観光協会などが発表している観光情報です。自治体と聞いて、お堅くて難しいイメージを思い浮かべたのも今は昔。ガイドブック顔負けの充実した情報が網羅されている場合も珍しくありません。いくつか、例をご紹介しましょう。

休日さんぽのネタを無料で仕入れよう

たとえば目黒区。「めぐろ観光まちづくり協会」のHPには、
区内の最新イベント情報が網羅されているほか、
オススメ散歩コースをかわいく紹介した冊子「めぐろWALK」
(http://meguro-kanko.com/megurowalk.pdf)が手に入ります。

散歩のモデルコースには、名所の情報だけでなく、最寄り駅や移動距離、
目安となる所要時間など分かりやすい情報が網羅されています。
プリントアウトしてもいいですし、タブレットPCで地図とガイドを見ながら
散策するのにも便利。

ほかのエリアも見てみましょう。
たとえば大田区・大田観光協会が運営する
「まち歩きイベント・ガイドツアー」のHP(http://www.o-2.jp/machiaruki/)には、
ボランティアガイドの案内つきツアーの情報が。

国重要文化財を有する「池上本門寺巡り」や
「羽田空港国際線ターミナル見学ツアー」などバラエティに富んだ内容ですが、
その多くが無料で参加できます。

ステイケーションのネタ元は全国各地に!

もちろんこれらのサービスは、東京都内だけに限ったものではありません。

たとえばお隣のさいたま市。
さいたま観光国際協会が運営する「うぇぶさいず」のHPをチェックしてみると、右上の「ダウンロード」メニューの中には、観光に便利な地図がたくさん。加えて「さいたま市Walker×Sai’s」など、さいたま市の旬の情報を掲載した季刊誌までもが無料でダウンロードできます。

次にチェックしてみたのは大阪観光局「OSKA-INFO」のHP。

「オススメモデルコース」(http://www.osaka-info.jp/jp/search/list/course.php)ページでは「歴史・文化」「お笑い」などのカテゴリーや、所要時間などで大阪各地を楽しむためのモデルコースが多数検索できます。

「アンティーク風着物で大阪のまち歩き」など、大人の女性の興味をそそるピンポイントなネタなど個性的なコースがたくさん!

調べるときは「市区町村の名前+観光」で検索すると、旅行会社のサイトに混じって、
多くの自治体&地域観光協会のホームページにヒットします。
ぜひ一度、自分の住んでいる街、近郊の街でどんな場所が紹介されているか、
どんな無料ツールがあるのか調べてみてくださいね。

*****

余談ですが、私はNHKの『ブラタモリ』(2012年放送終了)や、
テレビ東京『モヤモヤさまぁ~ず2』など街歩き番組が大好きです。
自分の住んでいる街や、近隣の市区町村にどんな見所があるのか
「なんとなく知ってるような、ちゃんと観たことがないような・・・」というケースは
意外に珍しくないもの。

何気ないいつもの街並みに、意外な歴史や名所が隠れていた・・・! なんて、
ぷらぷらと散策しながら探すのも意外に楽しく、地元に愛着も生まれます。
カメラを片手に写真を撮って、ブログやSNSにアップするのもいいですね。

休日、ちょっと気分を変えたいときの街歩きステイケーション、ぜひお試しください。

木内アキ

Kiuchi Aki

このライターのコラムをもっと見る >>

北海道旭川市生まれ。神田外語大学 外国語学部 英米語学科を卒業後、アパレルのプレス業務を経て、フリーランスのライターに。"オンナの自然で楽しい暮らし"をテーマに旅・衣・食・雑貨の記事を手がける。目標は「きちんとした自由人」。執筆の傍ら、夫と共にフェアトレード雑貨のアトリエショップ『nomadicraft』を運営中。



ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ