1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 木内アキ
  5. 体調トラブル発生中! 猛暑に負けない旅支度

体調トラブル発生中! 猛暑に負けない旅支度

2015年08月05日木内アキ

連日、猛暑の真夏日が続いています。8月はお盆休みや子どもの夏休みに合わせて旅行に出かける人も多いタイミング。楽しみにしていたお出かけだから、とアクティブに観光やレジャーを楽しみたいところですが、この暑さで体調を崩す例も多く報告されています。せっかくの旅行で具合を悪くしては元も子もありません。今回は猛暑の季節に押さえておきたい旅支度についてご紹介します。

必ず持って行きたい手ぬぐい&綿ストール

毎日ニュースでも取り上げられている熱中症ですが、発症する人は後を絶ちません。特に旅行中は「せっかく来たのだから、多少体調が悪くても休むのはもったいない」とつい無理をしてしまったり、観光や遊びに夢中になって具合が悪いのに気づくのが遅れたりと、トラブルを起しやすい要因が高まります。

めまいやふらつきを感じたら休む、というのが鉄則ですが、まずは具合が悪くならないよう身支度から予防するのが一番。荷物を増やしたくない旅先でのオススメグッズは、手ぬぐいと綿ストール。熱中症対策をはじめ、さまざまな使い方があります。

■濡らして首に巻き、体温を下げる
首には太い血管があるため、冷やすと効率よく全身の体温が下げられることはよく知られています。暑いときは濡らしてサッと絞った手ぬぐいを首に巻くと、水分が蒸発するときの気化熱で顔のまわりがスーッと涼しくなり、過ごしやすくなります。休憩中に、軽く頭に乗せておくだけでもOK。今治タオルのストールなど、薄手の綿を使ったストールも同様に使えて、おしゃれ感を損なわないので便利。

タオルを持参する代わりに手ぬぐいを数枚持って行けば、荷物も減って使うシーンも幅広くなり、一石二鳥!

■身体に巻いて、冷えを防止する
暑い戸外でたっぷり汗をかいた後、キンキンに冷えた室内に入ると、汗が冷えてお腹やお尻が冷たくなる。夏冷えは多くの女性にとって深刻な悩み。ときにはお腹が痛くなってしまうこともあります。すぐインナーを着替えられないときは、乾いた手ぬぐいや綿ストールをお腹や腰に巻いておくと、余計な汗を吸湿して冷えを防いでくれます。

■簡易タオルとして
手ぬぐいや綿ストールは簡易なタオル代わりとしても使えます。温泉の後に身体を拭くくらいは十分に応える吸湿力で、タオルを持ち歩くよりかさばらず、ハンカチよりも頼りになります。汗で顔がドロドロだけど、シャワーを浴びには戻れない…。そんなときは、洗面所でさっと洗顔して、手ぬぐいで水分を押さえ、かんたんに化粧直しをするだけでもさっぱりしますよ。

濡れてもすぐ乾くのが特徴なので、使用後は軽く干しておけばOK。手ぬぐいも綿ストールも、ファッションに取り入れやすいおしゃれな色柄ものがたくさんありますから、普段からチェックしておくとよいですね。

服装でも熱中症対策を

夏らしいストローハットは熱中症対策に効果的。旅先でも荷物にならないよう、くるくると小さくなるタイプも発売されています。

ワードローブの選び方にも、熱中症を防ぐポイントがあります。

■インナーを着る

厚着になるイメージからインナーを着ない人もいますが、素肌の上に服を着ると汗で衣類が身体に張りつき、空気の循環が悪くなって体温が上がりやすくなります。吸湿性・速乾性のあるインナーで、通気をよくしておきましょう。

■ゆとりがある服を選ぶ

身体に熱が溜まるのが熱中症の原因のひとつ。ボディラインが出るフィットした服よりも、襟や袖があいていたり、シルエットにゆとりがあったりするデザインのほうが、自然な空気の循環が生まれて体温をスムーズに逃がしてくれます。

おしゃれをするなとは言いませんが、とにかく「熱を貯めない・こもらせない」「通気をよくする」ことが猛暑の時期の旅には大切です。

■つば広&涼しい帽子をかぶる

せっかくの帽子も、通気性が悪いと頭に熱をこもらせるだけ。ポイントは頭のまわりにつばで日影を作り、こもった熱を逃がす素材を選ぶことです。夏の気候に合ったおしゃれが楽しめるストローハットなどはいいですね! 携帯用の日傘をさすのも、身体のまわりに日影を作り、温度を下げる効果が生まれます。

ただ飲み物を飲むだけじゃダメ!

暑い日の生ビールはおいしいですが、飲みすぎると水分が逃げていく心配も…。酔いで判断力が鈍り、体調の変化にも気づきづらくなるので、お酒はくれぐれも注意しながら楽しみましょう!

こまめに水分を摂りましょう、というのもよく言われる注意点。旅先でもペットボトルやマイボトルを持ち歩き、こまめに水分補給をするのが体調を整えるコツです。

ここで注意したいのが、飲み物の種類。無難なのはミネラルウォーターやスポーツドリンクですが、気をつけたいのがお茶。コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲料には脱水効果があるので、かえって水分を排出してしまう恐れも。

また、利尿作用という点ではビールやワインなどのアルコールも同様です。これらを飲むときは、お水も一緒に飲むようにするなど脱水しないように心がけましょう。

また「喉が渇いたな」と思ったとき水分を摂っても、大量に汗が出ていると水分補給が間に合わず、体調を崩すときもあります。喉が渇く、渇かないに関わらず暑い日は定期的に水分を摂ることが大切です。脱水気味だな、と不安になったら市販の経口補水液など、効率よく水分補給できる飲料を飲む、などして予防に心がけましょう。

*****

体力のある・なしでも熱中症の発症リスクは変わります。特に大人よりも暑さに弱いのがお年寄りや小さな子ども。家族で過ごすことも多いこの時期、お互い体調に気を配りあいながら、健やかで楽しい夏の思い出を作ってくださいね!

木内アキ

Kiuchi Aki

このライターのコラムをもっと見る >>

北海道旭川市生まれ。神田外語大学 外国語学部 英米語学科を卒業後、アパレルのプレス業務を経て、フリーランスのライターに。"オンナの自然で楽しい暮らし"をテーマに旅・衣・食・雑貨の記事を手がける。目標は「きちんとした自由人」。執筆の傍ら、夫と共にフェアトレード雑貨のアトリエショップ『nomadicraft』を運営中。



ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ