1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 木内アキ
  5. ひとり旅デビュー、してますか? ≪前編≫

ひとり旅デビュー、してますか? ≪前編≫

2013年06月05日木内アキ

「え~私には絶対ムリ!」「したことないけど、してみたい」「よく行ってるし、楽しいです!」。これらの声はアラフォー女性に「ひとり旅してますか?」と聞いたときのリアクション。

ひとり旅なんてあたりまえ、という人もいる反面、「さみしそうでイヤ」とか「ひとりは不安」とか、少々のハードルを感じている人もいるご様子。しかしひとり旅ができると、私たちアラフォー世代の旅のチャンスは増え、グッと内容の濃い旅ができるという特徴も…。

女友だちの結婚で、旅友がいなくなる!?

女友だちやカレと一緒に楽しく旅行していた20代の頃。

しかしアラフォー世代ともなると状況は一変。
「学生」や「新入社員」という同じ立場同士だった友だちは、
「専業主婦」「子アリ共働き」「ディンクス」「シングル」「バツイチ」…
などなど、様々な生活スタイルに変化します。

それに伴い
「平日は朝から終電まで仕事にどっぷりだけど、休日は何にもすることがなくって…」
「平日の昼~夕方は超ヒマなのに、週末は子どもの習い事でてんやわんや」
と、使える時間も自由になるお金も人それぞれという状況に。

当然、それが旅行のあり方にも変化を及ぼします。

リクルート「じゃらん」が2012年に行った調査(下グラフ参照)によると、
「恋人」「友人」「親」など様々な相手と旅行を楽しんでいる20~34歳女子に対し、
35~49歳になると、女性の旅行相手の約6割が「ダンナ」や「家族」。
「友人」との旅行機会は20~34歳の半分に減るのが分かります。

宿泊旅行の同行形態 「じゃらん宿泊旅行調査2012」(リクルートじゃらんリサーチセンター調べ)

このあおりを大きく受けやすいのがアラフォーシングル女性。
「ダンナ(子ども)を置いていけないから…」「家族旅行の予定があって…」
と友だちが結婚していくにつれ、旅の相手が激減。
「仲がいい学生時代の友人はみんな結婚してしまったし、
その頃からあんまり旅行に行かなくなった」なんて話も決して珍しくありません。

ひとり旅だからできる「思い立ったら沖縄!」

もちろん、そのまま旅しなくなったからといって、人生を送るうえで特に困ることはないでしょう。

急に予定が空いた週末に「沖縄行っちゃうか!」なんて過ごし方も、ひとり旅ができればより身近に。

しかし、一緒に行く人がいない、という理由で旅行の機会を失うよりも「じゃあ、ひとりで旅行してみようかな!」と頭を切り替えてしまうことができたら、生活の中に「旅」というエッセンスが消えずに残ります。

ここで押さえるべきは、ひとり旅に友だちと行く旅と同じ要素を求めないこと。

ひとり旅には話し相手もいませんし、
移動も観光も宿泊もとうぜんALLひとり。
トモ旅と比較するとデメリットに見えるこれらの要素の、プラスの部分に目を向けてみましょう。

まずは【フットワークの向上】。
人と予定を合わせる必要がなく、自分さえOKならすぐに旅立てるので
「今週末の土日、沖縄行っちゃうか!」など、急に思い立って出かけるのもかんたん。

遠くまで行かなくても、ストレスが溜まったら近場の温泉にパッと1泊、
それだけでも、気分転換やリラックス効果は抜群です。

京都市内中心にある『京都国際マンガミュージアム』は入場料800円。1970年代~現在までの5万冊が自由に読める『マンガの壁』をはじめ、約30万点の所蔵が!

また【とことん趣味を満喫できる】のもメリット。

たとえば「京都の『国際マンガミュージアム』で漫画を読みまくる!」「坂本龍馬の足跡を巡る旅に高知へ行きたい♪」
などなど「友だちに強要するにはちょっと気が引ける…でもやりたい!」という自分だけの趣味や好奇心を優先できるのも、ひとり旅ならではのだいご味。

交通機関のチケットや宿も1名分の空きさえあれば旅行が成立するので、
【大人数よりも手配が楽】という良さもあります。

既婚女性・子アリ女性も「この週末だけ、どうしてもお願い!」と夫や親に子どもを預けて
ひとりで旅に出かけるほうが、友だちや家族全員と予定を合わせるよりもよほど楽チン、という意見も。

ひとり旅が「さみしくて不安」って本当?

では、女性たちは、どのくらいひとり旅を楽しんでいるのでしょう。

JTBの調査で、約3500人の女性を対象に「ひとり旅をしたことがあるか」聞くと
「ある」と答えたのは54%と約半数。

【ひとり旅未経験者に質問】上:ひとり旅をしない理由は?/下:今後、ひとり旅をしてみたいと思いますか?「JTB WebアンケートたびQ Vol.57」(2011年6月JTB調べ)

残りの「したことがない」人に理由を聞くと(グラフ上)「ひとりではつまらない」(47%)
「ひとりでは不安」(25%)との答えで7割を越えました。
やはり未知の体験に一歩を踏み出すのは、誰しも不安なようです。

しかし「今後、ひとり旅をしてみたいと思うか」聞くと(グラフ右)
「行ってみたい」と答えた人が約4割も!
「ひとり旅をしたことがないし、つまらないんじゃないかと思うと不安だけど、
それでも行ってみたい!」なんて、やっぱり女性は好奇心旺盛ですね。

さて、ここで疑問。
ひとり旅は本当に「つまらなくて」「不安」なのでしょうか。

ひとり旅経験者に、「ひとり旅をした主な理由」を聞くと
「心身のリラックス」と解答した人が全体の4分の1を占めています。
続いて「趣味の満喫」(19%)「未知の場所に行きたかった」(13%)「自分へのご褒美」(12%)など、
上位にあるのは前向きな理由ばかり(グラフ下)。

【ひとり旅経験者に質問】ひとり旅をした主な理由は?「JTB WebアンケートたびQ Vol.57」(2011年6月JTB調べ)

「同行者と日程が合わなかった」など消極的な理由は少数で、
最初からひとり旅を前提に旅を計画している様子が感じられます。

つまり、
◎経験する前は「つまらなそうで不安」でも、一度でも経験してしまえば
「リラックスできて好奇心を満たせる機会」になるのが、ひとり旅。
◎生活が多様化するアラフォー世代に、個別フィットするのもひとり旅。

できるのとできないのとでは、生活の潤い度に差がつきそうですよね。

では、もうすでにひとり旅を満喫している人はよいとして、
行ってみたいけど一歩を踏み出せない人はどうすればよいのでしょう?

そこで後編は、ひとり旅デビューを終わらせるための旅先選びのポイントや、
ひとり旅初心者に優しい国内・海外おすすめ都市をご紹介します。どうぞお楽しみに!

木内アキ

Kiuchi Aki

このライターのコラムをもっと見る >>

北海道旭川市生まれ。神田外語大学 外国語学部 英米語学科を卒業後、アパレルのプレス業務を経て、フリーランスのライターに。"オンナの自然で楽しい暮らし"をテーマに旅・衣・食・雑貨の記事を手がける。目標は「きちんとした自由人」。執筆の傍ら、夫と共にフェアトレード雑貨のアトリエショップ『nomadicraft』を運営中。



ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ