1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 本田亜友子
  5. ラベルライターを使って整理整頓の秋

ラベルライターを使って整理整頓の秋

2015年09月16日本田亜友子

今回ご紹介するのは、ギフトボックスのようなパッケージに一目惚れしたラベルライター。かわいいラベルを作るのが楽しくて、CDやBDの整理整頓もはかどりまくり。コンパクトでひとつあると便利なので、オトナ女子へのプレゼントにもオススメです。

必要に迫られて「整理整頓の秋」始めました

キングジムの「テプラプロ SR-GL1」ピンクの本体にリボンがポイント

8月までの猛暑がウソのように、9月に入ってからの長雨で一気に秋めいてきましたね。「スポーツの秋」「食欲の秋」「芸術の秋」と、にわかに活動的になるシーズン、私は「整理整頓の秋」を掲げたいと思います!
そもそもは、溜まりに溜まったハードディスクレコーダーの録画を何とかしなくっちゃ!という義務感から。10月からの新番組スタート前に、ハードディスク内の映画やドラマをBDに焼かないと、もうヨルタモリの最終回さえ録れない状況でした。そこでせっせと焼き始めたものの、面倒なのは積み上げられてくBDのラベル書き。とりあえず付箋を貼ってはみたけれど、見栄えがとっても悪い・・・。
そんな時にふと思い出したのがラベルライターの「テプラ」。最近はかわいいデザインも販売されていて、テープの種類も豊富ということで、ネットで最安値(5,000円強)を探して、衝動買いしてしまいました。

コンパクトでかわいい「ガーリーテプラ」

裏フタを開けて 電池とカートリッジをセット

「テプラ SR-GL1」は「ガーリーテプラ」とも呼ばれているかわいいタイプで、本体は154ミリ×108ミリ×62.5ミリとコンパクト。私はシェルピンクを購入しましたが、色違いでペールブルーもアリ。ACアダプターは別売りですが、単4のアルカリ電池6本でも動きます。家に乾電池のストックがあったので、さっそく裏側のフタを開けてセット。テープのカートリッジも裏側からセットするようになっています。
専用のテープカートリッジは4・6・9・12・18ミリ各サイズが使えて、このカートリッジも一般的なテープタイプからマスキングテープ、リボンまでバラエティに富んでいます。

小さいキーボードでコツコツ文字入力

液晶で確認しつつ文字入力

乾電池とテープカートリッジをセットしたら、表に向けて電源スイッチをオン。液晶画面を確認しながら文字をキーボードで入力していきます。以前、OLしていた頃にテプラを使ってファイル整理をしていたので、変換のしかたなど、懐かしく思い出しました。その頃に比べて、絵文字やフォントなども増えていて、いろいろ試してはプリントしていくのが楽しくてしかたありません。

お気に入りのフォントは「てがき」ふう

「クラシック」も読みやすくて使いやすそう

フォントの種類は、「ベーシック」「フォーマル」「エレガント」「アンティーク」「クラシック」「てがき」「ポップ」「ハート」の8種類。私が気に入ったのはあたたかみのある「てがき」ふうの文字。漢字はベーシックなフォントですが、英数字やひらがなはいろいろ変えられます。

ラベル作りが楽しくて整理整頓もはかどります!

揃っていると見た目もキレイ~

BDのラベルは大きい文字の方が読みやすいので、12ミリのテープに1行で印刷。長いタイトルなどは3行まで分けて作成することも可能です。
3行に分けてちょうどよかったのが、自分の名前と住所のラベル。郵便物を送る時に使おうと、住所ラベルを多めに作っておきました。

カートリッジいろいろ

リボンにもこんなに鮮明に印刷できます

この他に何をしまっているか忘れがちな衣装ケースや、家電の取扱説明書ファイルなど、いろいろラベルを付けて整理していきたいと思います。
マスキングテープのカートリッジや、リボンカートリッジも購入したので、プレゼントのラッピングに使うのもおもしろそう。使い方を考えていくのも楽しみです。

「ネームランド」サンリオコラボもかわいい系

「ネームランド」ネット価格は8,000円程度

デザインのかわいいラベルライターとして気になったのが、カシオの「ネームランド KL-SA10」。本体にハローキティ、マイメロディ、ポムポムプリン、リトルツインスターズがプリントされていて、サイズは175ミリ×67ミリ×205ミリ。
サンリオキャラクターのフレームや絵文字も搭載され、オリジナルのテープカートリッジが発売されています。サンリオ好きの方はぜひチェックしてみてください。

スマホの画像をプリント「プリンゴ」

ハイティデジタルの「プリンゴ」。カラーバリエーションはピンクとホワイト

もうひとつ、パッケージがかわいいプリンターをご紹介。スマホで撮影した画像をその場で印刷できる「Pringo(プリンゴ)」です。専用アプリで画像をデコったり、らくがきをしたものをプリントできるそう。ネット価格は1万3,000円くらい。チェキ感覚で使えて、結婚式やハロウィンパーティなどで盛り上がりそうです。

本田亜友子

Honda Ayuko

このライターのコラムをもっと見る >>

大学卒業後、メーカーで顧客満足度調査や社内報など手がける部門に在籍。2001年退社後フリーランスとして独立し、IT系ニュースサイトでライター業を本格スタート。その後、会社員時代の経験と資格を活かしたIT系と、女性向けトレンド分析やライフスタイル提案などのコンテンツを中心に活動中。特技は新しいモノ・コト探しとおトクなショッピング。日夜、価格比較サイトに目を光らせつつも、悦楽の衝動買いがやめられない家電ハンター。



ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ