1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 本田亜友子
  5. エアーフロスでお口すっきりリフレッシュ

エアーフロスでお口すっきりリフレッシュ

2015年07月15日本田亜友子

最近はスキンケアよりデンタルケアが気になるお年頃。口臭や歯周病など、先の話だと思っていましたが、アラフォーになると徐々に意識し始めてしまって。お口のエチケットとしても効果的な歯間洗浄器「エアーフロス」を今月はご紹介します。

アラフォー、デンタルケアにハマる!

フィリップスのエアーフロス ウルトラ

夏本番の暑さがやってきましたね。夏バテ予防にと、ショウガやニンニクをたくさん食べるようにしていたら、何となく気になりだしたのが口の臭い。ニンニクの食べ過ぎか、胃が弱っているのか、確かな原因はわかりませんが、口臭は女性として絶対にNG!!
調べてみると、歯周病が原因で臭うこともあるそうで。歯周病は40歳前後から発症する確率が高くなってくるという説もありました。そもそも歯周病は、歯の磨き残しの歯石などが溜まって、歯茎が弱ってしまうもの。半年前からデンタルケアの大切さに目覚めた私は、さらに歯石(プラーク)除去に力を入れることにしました!!
そこで、手に入れたのが「フィリップス エアーフロス ウルトラ」。今月発売されたばかりの新製品です。こうした健康家電は、最新機種が最も機能性や効果も優れているような気がして、購入してみました。フィリップスのオンラインストアでは2万円ほど。他にひとつ前の機種などは、1万円以下でも販売されていたので、実は最後まで悩みました。

歯間洗浄器「エアーフロス ウルトラ」の使い心地はGOOD

カパッとふたが開いて水を入れられます

エアーフロスのサイズは、高さ243ミリ、奥行83ミリ、幅38ミリで、重さ164.7グラム。24時間充電しておけば、朝晩の使用で一週間は使用できるそうです。
さらにアダプターは海外でも使えるAC100V-240V 50/60Hz。歯ブラシほどコンパクトではありませんが、エアーフロスの気持ちよさを味わったら、旅先にも持っていきたくなるのはよくわかります。
使い方は、水タンクに水を入れて、電源ボタンを押して、ノズルを歯間部に合わせて噴射するだけ。

マウスウォッシュを使用して、お口爽快

次はビッグサイズのマウスウォッシュをゲットしなくちゃ

タンクには、水だけでなくマウスウォッシュも入れられます。このマウスウォッシュを使った歯間洗浄が、とてもすっきりして気持ちいいのです。
歯の隙間、歯茎までスーッと洗えて、磨き残しも取れて、口の中がリフレッシュできる感じ。気になる口臭もマウスウォッシュを使えば完璧にケアできそう。

ミクロの水滴と空気がブシャー!!で歯石除去99.9%

ノズルからミクロの水滴と加圧された空気が出てます

最新機種のエアーフロス ウルトラの何が一番すごいかというと、その名の通り、特殊なノズルから空気とミクロの水が噴射されて、歯垢除去力99.9%になったこと。
歯間ブラシや糸状のフロスなども使ったことがありますが、力の入れ方を間違えて、歯茎を傷つけてしまったことも。エアーフロスは水と空気の噴射で、やさしく食べカスを洗い流せる感じ。1分ほどですべての歯間洗浄は終わるのですが、気持ちよくてついついリピートしたくなってしまうほど。
水の勢いはありますが、歯にあたって痛い、なんてことはありません。ただ、ミクロの水滴が大量に噴出されるので、最初は口を閉じていても、洗面台に少し飛び散ることがありました。そのあたりは歯に対する角度というか、コツをつかめば上手に使えるようになると思います。

トリプルバーストテクノロジー(三連続高速噴射機能)もアリ

噴射回数の切り替えボタン

エアーフロスからの噴射は、ボタンで一回、二回、三回連続と切り替えられます。三連続で一気に除去するのが私好みですが、角度を変えながら一回ずつ使うのもよし。
ちなみにエアーフロスのノズルは、衛生的に使うためには半年ごとの交換が推奨されています。これらの替えノズルはネットはもちろん、ドラッグストアでも販売されているので、デンタルケア家電も広まってきているのでしょうね。

おいしいものを食べるには歯が命!! マイデンタルグッズ勢ぞろい

左からエアーフロス、ポケットドルツ、オーラルb

以前ご紹介した電動歯ブラシに加えて、このエアーフロスも歯磨きグッズの仲間入り。すべてを毎日使うわけではなく、朝は普通に歯磨き、昼間出先で気になったら電動歯ブラシ、夜はしっかりと電動歯ブラシ+エアーフロスが私の基本パターンになっています。口の臭いが気になる時や、磨き残しがありそうな時なと、臨機応変に使いわけつつ。これからもおいしいものを自分の歯でたくさん食べられるように、デンタルケアに力を入れていこうと思います。
電動歯ブラシはパナソニックのポケットドルツとブラウンのオーラルbを使っていますが、パナソニックからも歯間洗浄用の「ジェットウォッシャー ドルツ」が発売されていてこちらは1万円弱ほど。大容量の水タンクがセットされていて、水流の強さを選べるのがポイント。気になる方はぜひ家電量販店の店頭などで、まずは見比べてみてください。

本田亜友子

Honda Ayuko

このライターのコラムをもっと見る >>

大学卒業後、メーカーで顧客満足度調査や社内報など手がける部門に在籍。2001年退社後フリーランスとして独立し、IT系ニュースサイトでライター業を本格スタート。その後、会社員時代の経験と資格を活かしたIT系と、女性向けトレンド分析やライフスタイル提案などのコンテンツを中心に活動中。特技は新しいモノ・コト探しとおトクなショッピング。日夜、価格比較サイトに目を光らせつつも、悦楽の衝動買いがやめられない家電ハンター。



Copyright © bizki Inc. All rights reserved.