1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. 特集
  4. 足のトラブルの原因は「足裏アーチ」崩れ!?

足の健康美容研究家 山道いずみさんがレクチャー! スタイルUPの鍵は足裏アーチ力にあり!

一生美容を追求するアラフォー総研では、美容と健康の重要パーツである足裏に注目し、今回はその足裏を支えている「足裏アーチ力」にフォーカスします。意外と知られていない足裏アーチ力とスタイルアップの関係、足裏アーチ力をアップすることでどんなメリットがあるのか? 掘り下げていくほどに、足裏アーチ力のその驚くべき可能性がみえてきました。足の健康美容研究家の山道いずみさんをお迎えし、アラフォー総研レポーターの会田が足裏アーチ力の秘密に迫ります。

Reporter アラフォー総研レポーター

マーケティング
プロデューサー
会田 裕美

女性向けの商品やサービスに関するコンサルティング、調査、企画などを通して、美容・健康に関するアンテナは常にフル回転。アラフォー女性のワガママや本音を商品やサービスに活かすべく、日々奔走中。

足のトラブルの原因は「足裏アーチ」崩れ?!

さまざまな足のトラブル、共通する原因があった!

ドクターショール調べ
会田
アンケートによると、アラフォー女性の足のトラブル上位は、足の冷え、脚のむくみ、かかとのひび割れ、角質硬化、という結果が出ています。この結果を見て、どのように考えられますか?
山道さん
ここに挙げられた足のトラブル、全て違う種類のトラブルにみえるかもしれませんが、その原因は実はほぼ1つのことに集約されるんですよ。
会田
え、そうなんですか!?それはどのような原因なのでしょうか?
山道さん
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、その原因とは「足裏アーチ」の崩れによって起きているトラブルなんです。足裏は毎日皆さんの身体の全体重を支えているわけですが、そこには骨を筋肉で持ち上げるように3本のアーチがドーム状に形成されています。アーチを筋肉と腱が支え、立ったり、歩いたり、走ったりする時にかかる身体全体への衝撃を吸収するクッションのような役割をしています。アーチが崩れると本来持ちあがっているべき部分が下がるため、その部分が摩擦や刺激を受け、角質が硬くなったり、心臓から送り出された血流をふくらはぎより上に押し戻しにくくなり、むくみや冷えにもつながったりするんです。
会田
なるほど、つまり、その足裏アーチによって私たちの身体が日々支えら、守られているというわけなんですね。
山道さん
はい、いわば、足裏アーチは身体全体にとっての大切な土台! その重要性を皆さんにぜひもっと知ってほしいのです。

3本ある「足裏アーチ」。その場所と役割とは・・・

会田
足裏アーチについてもっと詳しく教えていただけますか?
山道さん
足裏アーチは3本あると申し上げましたが、それぞれ①内側の縦アーチ(いわゆる土踏まず)、②指の下あたりを横断している横アーチ③外側の縦アーチ。俗に言う偏平足は①の内側の縦アーチが崩れてしまった状態でむくみやすく、冷えやすくなります。②の横アーチが崩れている場合は、指の下の部分の角質が硬くなっていたり、ヒールだこやウオノメ、外反母趾やハンマートゥ(足指がくの字に曲がってしまった状態)などのトラブルを引き起こします。③の外側の縦アーチが崩れるとO脚になり、膝の痛みや腰痛にもつながります。
会田
なるほど、様々な足のトラブルはこの3本の足裏アーチの崩れが引き起こしていたんですね!
山道さん
はい、3本のアーチは1つでも崩れると足のトラブルに直結してしまうんですよ。
会田
それは怖いですね。では逆に理想的なアーチって、どのような状態なのですか?
山道さん
3本のアーチがほどよく持ちあがった状態で、しっかりクッションの役割をしていますから、痛みや指の変形がない、むくみや疲れを感じにくく、固い角質やタコやウオノメもない、足の裏がつるつるできれいな状態・・・まるで手のひらと同じぐらいのイメージでしょうか。こういう足はハイヒールを颯爽と履けて、なおかつ疲れにくいはずです。
会田
そんな足になれたら素敵ですね。今回はそんな理想の足に近づける方法、ぜひ教えてください!
3つのアーチ

公開日 2013年6月19日

【関連リンク】読者エディターズレビュー「夏のフット&レッグアイテム」

Next 自分でできる「足裏アーチ診断」


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.